【その③】理由はあるの?ないの? | 【夏海のお部屋へようこそ】あなたは、あなたのままで良いんだよ

【夏海のお部屋へようこそ】あなたは、あなたのままで良いんだよ

夏海のお部屋へようこそ

あなたは あなたのままで 良いんだよ ^^

心が疲れちゃった人へ
肩に乗っかっちゃった荷物を ここで降ろしてお帰り下さい ^^

毎日頑張って生きてるよね
頑張っていても 頑張れない日も、あなたのことが大好きです \(^o^)/

おはようございます😃

夏海のお部屋の夏海です。

(2022.10.05に下書きしました)



私が初めて『パニック』と言うものを経験したのは、

阪神淡路大震災の約一年後で、

お葬式の後のホッとした時間に号泣した時で、


自分がなぜ泣いているのか?

声を出して泣かない私が

なぜか号泣していることの意味が分からず混乱し、


また、

体の中を流れている血液が冷たく感じ、

私の内側が私のものではないと言う感覚に陥りました。



お葬式の後だったこともあり、

私は何ものかに取り憑かれたのだと思い

そこから恐怖に取り憑かれた日々を送りました。



恐らくですが、

めまいで受診した内科で処方されて飲んでいた

通常の2倍の量の精神安定剤を


祖母の危篤からの多忙な日々に薬がなくなり

一気断薬した形になり、

離脱症状が出たのだと推察しています。



その後、再服用し始めたのですが、

(『めまい』の治療を再開)

生理を止まってしまったのと

アカシジアが出てじっとしていられなくなり、

(これらも安定剤の副作用だと推察)


何だか妙に焦りがでてじっとしていられず、

外を走らないと治らない訳の分からない症状は、

生理が止まってしまったせいで

更年期の症状が出ているのかもと思って受診した産婦人科で


注射を打って強制的に生理を来させる治療を

3ヶ月ほど治療を行った後に

精神安定剤を通常の2倍の量を飲んでいることが判明したので、

(たまたまその日に別の女医さんが診療に来ていた)


『餅は餅屋』だと思って精神科を受診するに至り、

『軽いうつ病』ですと宣言されて

助かったと思いホッとしたのですが、



正体不明のものの『正体』が明らかにされ、

やるべきことを示して貰い、


やるべきことをすればゴールに向かえるのだ


と言うことが分かったことが、

私に取って一番有り難く助かったと思えたことです。



目標に向かってやるべきことをやりさえすれば、

この訳の分からない状況から抜け出せるのだ


と思えることは私に希望を与えてくれ、


『やるべきこと(薬を飲むこと)』を真面目にやれば

うつ病は治ると言う成功体験を私にもたらしました。



あんなに怖い思いをしたのに

私の第1期『うつ病期』は呆気なく簡単に終わった為、

私はまたうつ病になるだろうと覚悟はしていましたが、

『うつ病』を簡単に考え過ぎていました。



また薬を飲めば簡単に治るだろうと思い、

13年もズルズルと薬を飲み続けて、

医師の判断ではなく

自分の判断で薬を減薬して断薬に至りました。



第1期うつ病期から再発するまでの期間に、

私の経験や調べたことを

今のように情報共有していましたが、


心に付いてのアプローチは何もしていませんでした。



精神の病で一番大切なことは、

精神を病むところまで

心身共に自分を追い込む根本理由を自分で理解し

それらについて

どのように対策を立てて

行動するか?



つまりは、

今まで生きて来た人生の棚卸しをして

自分の癖が形成された根っこを見つめ

今の自分と過去の自分を労って癒し、


過去を踏まえて、

では、これからどうするのか?を

よくよく考えるところから出発して、


どこにゴールを定めるかを自分で決めて

薬なんて飲まなくても

死にたくなるまで頑張らない自分を創り上げることが、


うつ病の『治療』ではないのか?と思うんです。

(薬の副作用で双極性障害や統合失調症に病名が変わった人も含む)



私がうつ病を卒業した直後に

私は自分を『アダルトチルドレン』にカテゴライズし、

その後、『発達障害』にカテゴライズしましたが、


「〜だから仕方がない」と言うのではなく、

「〜を踏まえて、どうする?」と言う

判断材料や対策を立てる為の傾向の把握や

自己理解の為であって、


変えようがない過去や自分の性質を

変えようがないから諦める為では決してなかったなと思います。



でも、精神科に通っていた時代には、


薬さえ飲めば何とかなる

プロである主治医が何とかしてくれる

と考えて頼り、

精神薬や主治医に依存していたなぁと思います。



私たちは日本の教育において、

メンタルの整え方や

自分との向き合い方、

人との距離の取り方や

自分を守る方法などを一切学ぶ機会がないまま

大人になってしまいました。



自分と他人は別の人間で、

言葉を使って相手に伝えてコミニュケーションを取るのだ

と言う初歩的なことすら

家庭でも学校でも練習する機会を持てず


自己主張の仕方も

相手の主張との折り合いを付ける練習も出来ずに

大人になってしまいました。



自分より他人の都合を優先させ

自分に我慢を蓄積させて

自律神経をおかしくさせてしまうまでになる。



どの薬も根治させるものではなく、

自己治癒して行くサポートとしての

ただの対処療法でしかないのに、


薬を飲めば安定する、治ると

思わせられているのはなぜなんだろうね?


https://ameblo.jp/natsumi-no-oheya/entry-12407807175.html



長くなったので、

あと1記事だけお付き合いをお願いします。


【編集後記】




友達が金沢に遊びに来たので、

お土産に『いしる』を買って渡そうと

再度業務用スーパーにいったものの、


飲む『ゆかり』は想定外に高かったので、

「また今度」とあきらめました😅

(紫蘇ジュースを作るための濃縮だから想像していたより高かった💦)