私をうつ病にしたものこと | 【夏海のお部屋へようこそ】あなたは あなたのままで 良いんだよ ^^

【夏海のお部屋へようこそ】あなたは あなたのままで 良いんだよ ^^

夏海のお部屋へようこそ

あなたは あなたのままで 良いんだよ ^^

心が疲れちゃった人へ
肩に乗っかっちゃった荷物を ここで降ろしてお帰り下さい ^^

毎日頑張って生きてるよね
頑張っていても 頑張れない日も、あなたのことが大好きです \(^o^)/

こんばんは😊

夏海のお部屋の夏海@連日の勉強会も今日で小休止です。です。


私は移住前の2016年から

移住をテーマに情報発信をしていますが、

(だから顔出しもしている)

続きは編集後記にて。



さて、本題です。



ココロに付いて一緒に学んでいる仲間から質問された、

「旦那さんのせいで『うつ病』になったんだ」

と言う言葉に対して違和感を感じて、

少し考えて答えた言葉が、


「言わば、『自作自演』だった」です。



初代の夫が私をうつ病にした訳でもなく、

他の誰かが私をうつ病にした訳でもなく、



じゃぁ何でうつ病になったんだっけ?

となった訳です。



うつ病で辛い毎日を過ごしていた時に、

初代の夫の母親から言われた言葉があります。

それは、


あなたは、

自分と自分で病気にしている


でした。


私はお医者さんが認めた

れっきとした【うつ病】と言う病気なんだから


脳天気なアンタには分からないのだと、

強烈に腹を立てたのを覚えています。



でも、

あれから20年以上経って

言われてしまった乱暴な言葉は、

意味としては間違いではなかったなと

やっと思い至るようになりました。



子供時代からの

沢山の経験から学び覚えてしまった

認知の歪みが、

私が、うつ病になってしまうまで

頑張らなければならなかった原因で、


『誰か』特定の人が原因ではなく、

沢山の複合的なものこと人が

複雑に絡まってしまっていたことが

私を生きづくしていたのだなと思います。



この認知の歪みと言うものは、

NLP(神経言語プログラミング)の表現では、

文字通りの『プログラミング』のうちの一つです。



人はAIと同じく

沢山の経験を積み学んで選択肢を増やし、

出来事に対応する『答え』を選びます。


その答えの選び方がパターン化したりしますが、

『選び方』に不具合がある状態が

『認知の歪み』と表現するものです。



その認知の歪みを見つめて正すのが、

認知行動療法と呼ばれているものですが、

NLPではそれを

『リプログラミング』(プログラミングをし直す)

と表現します。



私はプログラマ出身なので、

NLPの用語の方がより理解し易いのですが、


要はバグ(不具合)の箇所を見つけて

動作不良をなくすことが、


死んでしまいたくなるくらいに

酷く疲れた状態まで

自分に負荷をかけ過ぎて追い込み、

頑張り続ける癖がある自分と言うものを

改善できる鍵なのです。



バグ出しで一番大変なのは

バグを見つけることです。


バグをちゃんと見つけ出し

ここに不具合があるのだと認知して、

歪みを正して別の『答え』に変更することが、

認知行動療法のキモなのですが、


ここまでたどり着く為に

56年かかりましたとさ😅



突然トーストが食べたくなり、

講座の後にコメダでおやつタイムにお昼ご飯を。

(イメージとしては、モーニングのトーストの厚みが欲しかったんだけどな😅)



【編集後記】👈


移住前から学んでいた『情報発信』のグループでは、

少女漫画的な表現や

一風変わった表現を日常的にしていたグループでした。


ケツバットとか、

(行動を促す『お尻を叩く』と言う表現として)

フルボッコとかね

(長所を言い合う時に使われていた)


私の世界にはなかった言葉が普通に

別のポジティブな表現として飛び交ってました。



日常では使われない劇的な言葉も

自分にも相手にも使われていて、

自作自演って言葉もよく使われていました。



その時の癖が今も時々出て来て、

正しくない表現をしてしまって

発表後に指摘されて、

ポカンとなったり赤面したり

顔面蒼白になることもあります。



自作自演って言葉の解釈が

私はポジティブ過ぎたらしい😓



私がうつ病で苦しんだ19年間は、

演技ではなく真実なんだけど😰

嘘つきだと取られるらしい。



劇的な言葉を使いたい衝動に駆られた時には要注意😰

自戒を込めて。わたし。