・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
ポニーキャニオン
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

何を今更。先々週の「UDON」が消化されなくて

あえてコレを観てみました。


っつーか、本音はSTMB面々ヲッチですね。

STMB=サマータイムマシンブルース

未来人も曽我ッパもギンギン連れてきた石松くんも

出てる、ということで。

もともと「踊る」の最初と続くらいは好きだった。

スピンオフ系までは食指が動かず。


ムロくん、いっぱいセリフあるじゃんかよ。

未来人は1カットながらも、さすがの存在感マッシュルーム。

曽我くん=永野くんは永遠の運転手俳優ですね。

UDONではタクシー運転手。

コレでは地下鉄運転手。

STMBでは、パイロットw。


「交渉人 真下正義」

これって観客動員すごかったんだっけ。

え?どこが。なぜに。

うーん 「TUBE」を先に見ているわたしには

司令室シーンや職員のキャラをそちらと比べちゃったり。

なんだかそんなことを考えつつ集中できず。


指揮者の西村雅彦がどうにもヘンだし。

やはり寺島進さんの一人舞台ってとこでしょうか。

あ、あと爆破処理班の松重豊さんのしかめっ面が見事で

ユースケサンタマリアの輪郭はボケボケに。

全員が脇役映画、と開き直って作っているのか

それは間違った見方なのか。

興行成績よくてUDONになっちゃったのか。

なんだか余計に後味悪し、という具合ですみません。


フジ映画はいいんだけれども

もう無駄にアナウンサーをキャスティングしないでいただきたい。

「映画」というメディアに失礼のよーな気がする。



AD
いいね!した人

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

緑のカーディガン。

オレンジ系の部屋の内装。

亀。モノローグ。これはアメリ日本版?

とチラリとよぎる。

こういう映画がすき。三木聡監督初作品。


タイトルのとおり、たしかに亀は出てくる。

上野樹里演じる 平凡な主婦・スズメの夫は

海外単身赴任。電話では

「亀にエサはあげたか?」のみ。


これって、ウチとまったく同じだ。

うちの場合は「クワガタの土に水をあげてくれた?」

が、ブラジルからの第一声だったし。

なんだ、この親近感。

ま、夫ネタはそこまでなんだけれど。


平凡なスズメは、平凡を脱しようと「スパイ」志願する。

でも役目は「なるべく目立たないように生活する」

という指令。これまた平凡。

先輩スパイたちは、普通に町にとけ込んでいる地味な人々。

意識するとなにが平凡で、なにが非凡なのか

わからなくなってくる。観るものにとってもそうだ。

そのあたり、究極の平凡映画、おもしろかった。

出てくる役者さんは、みな非凡ですが。


昨日みた「UDON」でも濃い顔を披露してた要潤。

ああ、これだけ崩す役もできるのか、と関心してしまった。

女先輩スパイのふせえりが歌う「あ~ずきパンダちゃん」は

秀逸なるギャグキャラ。しっかし、戸田恵子とダブってしまう。

岩松了演じるスパイも、小野武彦っぽいな、と勝手にキャスティング。

まあ、そのおふたりを使っていないところが

逆に、「怪しいスパイ」なのであって。


スパイが、美味くもなくそこそこの味のラーメン屋

、という設定は面白いな、と想いつつも

実際にそういう展開があったわけで、笑えない状況になっていた

去年の公開時だったのかしら?といらぬお世話。


スズメの友達、正反対に派手なクジャクちゃんが蒼井優ちゃん。

優ちゃんは、かわいいので派手に見えなかった。

最後の彼女のパリ・オチがおもしろかった。


あまりにも地味な町のあまりにも地味なスパイたち。

目立たない生き方、が大変だということも、気づかなかったな。

日々、思い切り平凡で、それでヨシ。

なわたしは亀よりは速く泳げない。



AD
いいね!した人

テーマ:
キングレコード
8月のクリスマス プレミアム・エディション (初回限定生産)

去年見逃した 主演山崎まさよしの「8月のクリスマス」

wowowで見てみました。

かなり早い時間から、泣き。

というのも、カメラ位置がほぼ 本家「八月のクリスマス」に

一致していたので、山崎まさよしにハン・ソッキュが重なり

関めぐみのタイトスカートにシム・ウナの制服姿が重なって

そうなると、時間の旅。八月と8月を行ったりきたり。

そして涙。


キングレコード
八月のクリスマス

もともと、コレも一度目鑑賞の時はそれほど涙腺ゆるまず。

2度・3度と見る毎に、号泣が加速。

心臓に近い部分の皮膚がチリチリと痛くなる。

これってせつなさっていうヤツでしょうか。


山崎版をみても、次がああなって・・とわかる分

先へ先へと涙も急ぐ。


それにしても、関さんの演技はあれでいいのでしょうか。

あえて。ああなのでしょうか。フツーに不満。

タイトスカート姿はよかったけど。

あと「おじさん」呼ばわり。日本版では「スズキさん」

とでも言うのかと思ったら、律儀に韓国版と同じく「おじさん」

距離をあらわすためのこだわりなんでしょうか。


かなり元映画に忠実なれど、ショックなのはラスト。

ええええええええ!

と思ったのは、本家ラストのわたしの解釈が違っていたというわけ?

本家は、おじさんの手紙はシムウナに渡されていない。

こちらは、妹が投函している。そして関さんも読んだ。


それだと 名セリフ

この想いを抱いたまま、旅立たせてくれてありがとう。

が成立しない。

あくまでも、告白せず、死も知らせず

雪のなかの写真屋の風景で終えていただきたかった。

でこそ、美なのになあ。告白しない。これぞ究極。


本家は「音」がすばらしかった。

ガラスを割る音。

運命を静かに受け入れようとする主人公の

ごくたまにある「いらだち」は、山崎おじさんも巧かったです。

警察や父親に八つ当たりするシーンは、やはり泣ける。


抗い。



AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。