・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

緑のカーディガン。

オレンジ系の部屋の内装。

亀。モノローグ。これはアメリ日本版?

とチラリとよぎる。

こういう映画がすき。三木聡監督初作品。


タイトルのとおり、たしかに亀は出てくる。

上野樹里演じる 平凡な主婦・スズメの夫は

海外単身赴任。電話では

「亀にエサはあげたか?」のみ。


これって、ウチとまったく同じだ。

うちの場合は「クワガタの土に水をあげてくれた?」

が、ブラジルからの第一声だったし。

なんだ、この親近感。

ま、夫ネタはそこまでなんだけれど。


平凡なスズメは、平凡を脱しようと「スパイ」志願する。

でも役目は「なるべく目立たないように生活する」

という指令。これまた平凡。

先輩スパイたちは、普通に町にとけ込んでいる地味な人々。

意識するとなにが平凡で、なにが非凡なのか

わからなくなってくる。観るものにとってもそうだ。

そのあたり、究極の平凡映画、おもしろかった。

出てくる役者さんは、みな非凡ですが。


昨日みた「UDON」でも濃い顔を披露してた要潤。

ああ、これだけ崩す役もできるのか、と関心してしまった。

女先輩スパイのふせえりが歌う「あ~ずきパンダちゃん」は

秀逸なるギャグキャラ。しっかし、戸田恵子とダブってしまう。

岩松了演じるスパイも、小野武彦っぽいな、と勝手にキャスティング。

まあ、そのおふたりを使っていないところが

逆に、「怪しいスパイ」なのであって。


スパイが、美味くもなくそこそこの味のラーメン屋

、という設定は面白いな、と想いつつも

実際にそういう展開があったわけで、笑えない状況になっていた

去年の公開時だったのかしら?といらぬお世話。


スズメの友達、正反対に派手なクジャクちゃんが蒼井優ちゃん。

優ちゃんは、かわいいので派手に見えなかった。

最後の彼女のパリ・オチがおもしろかった。


あまりにも地味な町のあまりにも地味なスパイたち。

目立たない生き方、が大変だということも、気づかなかったな。

日々、思い切り平凡で、それでヨシ。

なわたしは亀よりは速く泳げない。



AD
いいね!した人

テーマ:
キングレコード
8月のクリスマス プレミアム・エディション (初回限定生産)

去年見逃した 主演山崎まさよしの「8月のクリスマス」

wowowで見てみました。

かなり早い時間から、泣き。

というのも、カメラ位置がほぼ 本家「八月のクリスマス」に

一致していたので、山崎まさよしにハン・ソッキュが重なり

関めぐみのタイトスカートにシム・ウナの制服姿が重なって

そうなると、時間の旅。八月と8月を行ったりきたり。

そして涙。


キングレコード
八月のクリスマス

もともと、コレも一度目鑑賞の時はそれほど涙腺ゆるまず。

2度・3度と見る毎に、号泣が加速。

心臓に近い部分の皮膚がチリチリと痛くなる。

これってせつなさっていうヤツでしょうか。


山崎版をみても、次がああなって・・とわかる分

先へ先へと涙も急ぐ。


それにしても、関さんの演技はあれでいいのでしょうか。

あえて。ああなのでしょうか。フツーに不満。

タイトスカート姿はよかったけど。

あと「おじさん」呼ばわり。日本版では「スズキさん」

とでも言うのかと思ったら、律儀に韓国版と同じく「おじさん」

距離をあらわすためのこだわりなんでしょうか。


かなり元映画に忠実なれど、ショックなのはラスト。

ええええええええ!

と思ったのは、本家ラストのわたしの解釈が違っていたというわけ?

本家は、おじさんの手紙はシムウナに渡されていない。

こちらは、妹が投函している。そして関さんも読んだ。


それだと 名セリフ

この想いを抱いたまま、旅立たせてくれてありがとう。

が成立しない。

あくまでも、告白せず、死も知らせず

雪のなかの写真屋の風景で終えていただきたかった。

でこそ、美なのになあ。告白しない。これぞ究極。


本家は「音」がすばらしかった。

ガラスを割る音。

運命を静かに受け入れようとする主人公の

ごくたまにある「いらだち」は、山崎おじさんも巧かったです。

警察や父親に八つ当たりするシーンは、やはり泣ける。


抗い。



AD
いいね!した人

テーマ:


20話まで観ました。

アハハ、まだまだ最終回までに143話あります。


クムスンのお腹の赤ちゃんのパパ・ジョンワンが事故死。

それでもケナゲに婚家で生活をしようとするクムスン。

正直信じられない意志なのだけれどー。

戻るべきは おばあちゃんの家。

でもクムスンが結婚したから家を処分し

今は、叔母さんの家に居候な身のおばあちゃん。

戻れない。サイフはスられ、どうにもこうにも。


そうなると、ジョンワンの実家に戻るしかなく。

公園で寝ていたらジョンワンの幻だし。

義母さんは「あなたのせいでジョンワンは死んだ」と目の仇。

うはー。逃げ出しちゃえよ、クムスン!と

日本中の嫁は思うはずだ。でもクムスンはそんな選択はしなーい。

でもよーちょっと頑固すぎるってば、クムスン。


クムスンと義母さんの間の立場のワタクスは

息子がいることもあって、義母さんの意見に近い。

ごめんよ、クムスン。


2年後。生まれた男の子も1歳前か。

義兄のテワンは、兵役から帰還。

その後、すぐに髪にエクステをつけて 元のパーマアタマに

戻っているのには笑った。刈り上げ撮影時がカツラだったのか!?

なんか性格悪くなってるし。

兵役前は、かなり優しい性格じゃなかったっけ。

なんかマザコンぶりが顕著に。兵役に付随するスキルなんでしょうか。


亡き夫の実家で生活するクムスン。

なんだか、空回りばっかりで。ちょいとじれったい。

赤子を背負っての青汁仕事。わたしも義母さんの意見よ。

「子供が1歳まで仕事をするのを控えたら」って。

なんだかイッパイイッパイ。


うってかわって、ハン尚宮家。

ヨリさま=ハン尚宮さまの継子ウンジュ

あの顔だからやはりああいうキャラに設定されちゃう運命なのか

彼女が演じると、プライド高し女になるのが必須なのか。

19話、医師ジェヒに迫るヨリさま=ウンジュは

「これぞ!ヨリさま!」と拍手をおくりました。ひっそりと。


7年間片想いのジェヒに

「10回だけデートして」と攻めて攻めて攻めまくる。

拒否されると、雨のなか待つ。ひえー。

来世はこんな女に生まれ変わりたい所存です。


で。この医師ジェヒ。

これからの軸の人物だということはわかってますが

性格悪ぅぅぅぅ。

ハン尚宮さまの継子ウンジュが狙うジェヒ。

いずれくっつくであろう、ハン尚宮さまの実子クムスン。

キー!!


韓国ドラマ。今更ですが医者家族モノが多いなー。

「12月の熱帯夜」の院長夫人は

似非ボランティアに必死だったなあ。

イヤミを含んでいるんでしょうか。

「クムスン」のハン尚宮さまご家族は、とっても上品なんだけど。

ジェヒとそのママン(パパンは誰よ?まさかの展開なの?)

は かなりキッツイ性格のようです。


でも、そのママンも憎めないんだな。ポエマーw。

彼女の毒がこれから楽しみ。


えーっと。

あと、ジョンワンとテワンのお兄さん・シワンだっけ。

カレの恋愛にも注目。なんか性格良さそうだし。

イイヒト、だけで終ってほしくないです。

でも、片想いの彼女は子持ちのようで。


クムスン親類一派+ジョンワン実家+

ハン尚宮一家+ジェヒ親子と

主な登場家族はこれで揃ったのでしょうか。


頑張れ!シワン!!


アレ・・。



がんばれクムスン感想163話まで
http://ameblo.jp/natsuko/theme-10003372309.html

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。