こんにちは!

お土産でいただくことの多い、ご当地の乾麺的なヤツ

お家ご飯するときに、作るのめんどくさいってなると、めっちゃ重宝するのですけど、

こないだ、うー麺的なのを食べようとしたんですよ

そのうー麺的なやつは、2食入りでして
1食分ずつ分けられた麺とめんつゆのセットだったわけです

もちろん夏川は1人飯ですし、クソザコ少食ニアンなので、1食分作るはずですよね

ほんと、今タイムマシンで過去に戻れるなら夏川は、この時の夏川に「クソザコ少食ニアンということを忘れるな」と言いたい。

なぜか今日は珍しくお腹が空いてまして、
どういうわけかお昼ご飯を食べた記憶もございませんで、
食欲旺盛だったわけにございます。

そういう時って、例えばスーパーに行けば無駄な買い物をするもんですし、
例えばファミレスに行けば無駄にたくさん注文するもんですし、
例えば出前ならワンサイズ大きめを頼んでしまったりしがちですよね、人間って


そう、例えばそんな時
貰い物で、2食分入ったうー麺があったとして
1食分の麺の量をどう感じるでしょう。
乾麺って、文字通り乾いてますから、その状態の麺ってとても華奢なんですよね。
華奢なもんが数百本集まって、薄い紙のテープでキレイにまとめられてたら、まぁこう思いますよね。

「あ、多分これお土産用にパッケージされたお試しサイズのやつ」って。

お試しサイズの1食分で満足できるほど、夏川はこの時少食ニアンモードではなかったということです。

はいそうです、夏川はグツグツと沸騰した湯の中に、乾麺の束を2つ入れましたとも。
もちろん、めんつゆも2パック開けましたとも。

さっきも言いましたけど、乾麺って、文字通り乾いてますから、その状態の麺ってとても華奢なんですよ。
でもそれはあくまで〝乾いてるから〟であって、
湯に入れて、華奢だった数百本の麺がそれぞれ少しずつふくよかになったらどうなるのか、それはとても簡単な問題ですね。

はいそうです、なんかすっごい量のうー麺が出来てしまいました。

お前ほんとにさっき小さなパッケージから取り出した、品しか感じないお土産用のうー麺か?!
というほど、のびのびと、のびのびになられました。

茹であがってザルにあけた時、用意していた小さなザルから はみ出さんばかりの勢いでドゥリュンと放り出されたうー麺から「腹イッペェ食えよ」と声がしたような気がしました。
なんというか、たくましかったです。

結局、ザルから1食分のうー麺を皿に移し、めんつゆにつけて食べました。
とても美味しかったです。


ですがキッチンには、すでに茹で上がり夏川に食される時を待つ、残り1食分のうー麺が残っています。

努力はしましたが、どうしても今日食べることは叶いませんでした。

しかし、夏川の判断ミスにより生じてしまったこの悲劇、夏川が諦めることは万死に値する行為です。

そんなわけで、夏川は明日の食事容量をフルに使い、のびのびにのびたうー麺を食べ切ります。

美味しいうー麺、一番美味しい時に食べることができなくてごめんなさい……

夏川とても反省しているのです。

贖罪のつもりで、このブログを書いています。


ホントごめんな おいしい うー麺。
ホントアタシは ダメダメ ウーメン。







いや、ほんとに、反省してますって

 

 

 

 

 

ばいなーんす


軽率な自撮りです
明日はトラセツアーの名古屋公演!
たっのしむぞぉー!