声グラ☆チョキを最強にする | 夏川椎菜オフィシャルブログ「ナンス・アポン・ア・タイム!」Powered by Ameba

夏川椎菜オフィシャルブログ「ナンス・アポン・ア・タイム!」Powered by Ameba

夏川椎菜オフィシャルブログ「ナンス・アポン・ア・タイム!」Powered by Ameba


テーマ:

 

 

こんにちは

デップーちゃんをみて、X-MENシリーズの無知さを痛いほど感じて悔しいので、この際 全部観てやろうとおもいます。
むかーしDVD借りて何本か観た記憶はあるけど、あの時はおとんの隣で、ゲームしながら見てたなぁ。
まってろ、ウルヴァリン!!!!夏川。


この間今月号が発売されました、声優グランプリさんで、夏川、「なんとなく、くだらなく」という名前の連載をやらせていただいるんですよ。

でね、この連載、夏川がブログとおんなじノリで書くエッセイだったりします。

家族の紹介だったり、リコーダーのトラウマの話だったり、スイカ割りの思い出だったり、
わりと多いのは小学生・夏川の馬鹿話とかなんですけど。

今回でなんと22回目になりました。

タイトルの通り、夏川が〝なんとなーく〟書いた〝くだらなーい〟話なので、だるだるーっと読んでいただきたい。あまり身構えずに。
毎号楽しみにとかじゃなく。

「あ、今月も書いてんのねー」くらいの感じで楽しんでいただければなとおもいます。


ちなみに今日の写真は、今月号の連載にエッセイと一緒に載ってる写真です。
浮き輪もって浮かれナンスですが、

エッセイは「夏」も「海」も「うきわ」も関係ありません。これも毎度のことです。

今回のテーマは「じゃんけん考察」でした。

グー・チョキ・パーは本当に三すくみなのか?
というのをユーモラスかつドラマチックに描いた、全米が泣く、アカデミー賞にノミネートされたらいいなぁ、家族で楽しむ超ド級本格アクションエンターテインメント推理エッセイです。(R-15)


本編では〝グー〟に焦点をあて、
グー最強説を提示しました。
気になる方は今月号の声優グランプリをどうぞ。


さて、いつものことですが、前置きが長くなってしまいました。
なぜ急にこのエッセイの宣伝をし始めたかというと、チョキとパーにも最強説を作ってあげたくなったからです。
前もって言っとくと、長い!長いよ!
長いよ今回!
でも最後まで読んでほしいな!ね!



では、チョキを最強にしていきましょう。

エッセイの方でもそうしていたので、こちらでも、グーチョキパーを石、ハサミ、紙に例えてお話ししていきますね。

チョキことハサミは出場選手の中で唯一わかりやすい凶器です。
石も鈍器じゃない?と言われればそうかもしれませんが、ある程度大きさに規格のあるハサミ相手に、鈍器になるほど大きくて重い石の出場はフェアではないはず。
全国じゃんけん三すくみ協会も、これは許さないでしょうから、石も紙もハサミに対して〝大きすぎず、小さすぎない〟フェアな大きさであると考えられます。

さて、ハサミ選手ですが、紙相手にはもちろん速攻で勝てますね。
ハサミで紙を切るなんてのはみなさん小さい頃から当たり前にやってきていることでしょう。
ハサミvs紙はどうあっても、ハサミの圧勝。
これは揺るぎない。

問題はvs石です。
石を挟み込んだところで簡単には切れない。ハサミの刃が折れて結果は負け。
こちらもどうしようもできない強弱関係のように思えます。

しかし、冷静になって考えてみましょう。
石はvs紙において、一方的に包まれるだけで、反撃の様相はない。
vsハサミにおいても、石はハサミの攻撃を受けているだけ。石は反撃どころかなんの動きも見せないのです。
命がけで戦っているはずの世界三すくみ決勝戦ですから、動かないはずありません。
そう、石は〝動けない〟のです。

つまり石はハサミに攻撃を仕掛けさせ、持ち前の防御力で耐えていただけ。
まさにカウンターのような戦法で、相手が自滅するのを誘うしか方法がなかったわけです。

さぁ、これで負けることはなくなりました。
単純な話です、
挟まなきゃいいのです。

さて肝心の勝ち方ですが、
石が負けているvs紙を思い出しましょう。
石は紙に、〝包まれた〟から負けています。
この一見ハグとしか思えない行動が、石を戦闘不能たらしめているという所に、勝機はありました。

世界三すくみ決勝戦では、戦闘不能の基準が明確にされていません。
出場選手のタイプも違いますから、統一されたものは無いのでしょう。
とはいえ圧倒的フェア志向の全国じゃんけん三すくみ協会ですから、戦闘不能の条件もある程度公平であるはず。
例えば、紙は〝破れたら〟負けですね。ハサミは〝刃が欠けたら〟負けです。

では、石は?

〝割れたら〟負けでは、あまりに強すぎます。フェアではありません。

vs紙のときの状況から考えて、
石の戦闘不能条件はおそらく、
〝視界を奪われること〟〝光を失うこと〟
なのではないでしょうか。

彼は強靭な肉体である代わりに、戦闘不能条件が低く設定されているのです!!

紙は知ってか知らずかこの条件を満たしたから勝利した。つまりこの三すくみ戦、ただの体力勝負のように見えてその実、
〝相手の敗北条件を探す知能戦〟だったのです!!!!!

そうつまり、ハサミが石の視界を奪うことが出来れば、ハサミの…勝ちっっ!!!!
そして、視界を奪う方法ですが、これも簡単です。
何度も言うようですが全国じゃんけん三すくみ協会はフェア志向ですから、どの組み合わせにおいても〝どちらでも勝てるよう〟にフィールドを設定しているはず。
そこから想像するに、おそらくこのフィールド…


地面が…!


砂っっ!!!!!



もうお分りいただけたでしょうか。




掘るっ!!!
掘るっっ!!!!!

ハサミ、無心に、掘る!!!

石、動けない!



絶望…!!!!




しばらくの静寂、目を開いた石は目の前が真っ暗である事に気づいた。
そして次は、目の痛みに気づく。
水分が奪われ、目を閉じたいのにそれが許されない、どんどん、襲ってくる、何かに抗えない。
痛い、暗い、狭い、動けない、こわい、怖い!!
しかし石は何もできない、彼は動けない。
時間だけが動いている、彼はうごけない。
状況は何も変わらない、かれはうごけない。
そしてしばらくして、彼はもう、


ウ ゴ カ ナ イ





きゃああああああああああ








ふへへ

唐突なホラー、そしてバットエンド。
我ながらカオスですね、ええカオスです。

え?まさかこのままパー最強説も見なきゃいけないのかって??

いいえ大丈夫です。
おもったよりチョキ最強説が白熱したし、
パー最強説のいいオチも思いつかないしね。
蛇足になるのは嫌だからさ、うん、

やーめっぴ。




今日のこのブログは、声グラ連載「なんとなく、くだらなく」のサンプルと思っていただければ。

興味を持った方はぜひ読んでみてね。


声グラさんでは来月号でアナザーカバーに載せて頂くのでそちらもお楽しみに。
(オフショット等はまた発売近くなったら…!)


ばいナーンス( ´∀`)ノ

夏川椎菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み