なつめのおうち | 巻き毛ふわふわモルモット
June 05, 2012

なつめのおうち

テーマ:思い出
なつめがいなくなってから、早いものでもう2週間経ちました。

部屋の大部分を占めていたなつめのスペースを
しばらくそのまま残していたのですが、
部屋に戻る瞬間や、朝起きた瞬間、ふとした時に
なつめがまだいるのではないか…という錯覚に陥るのが辛かったのもあり、
なつめが帰ってくる場所を改装させて貰いました。

巻き毛ふわふわモルモット-なつめ10

↑シングルベッド1個分くらいあったなつめスペース。

なつめは隠れる場所が好きだったので
ほとんど布で目隠ししていました。

右手前のバッグは、地震が起きたら速攻で
なつめを避難させる為に常備していたものです。


巻き毛ふわふわモルモット-なつめ8

なつめの為に使っていた布を、小屋の中に敷いて
ふかふか仕様になっています。

いつも通りのペレット、えん麦入り。

でもなつめは小屋の外に居るのが好きだったので
多分左下の、いつもの小さい机の下に来ているはず。


巻き毛ふわふわモルモット-なつめ9

お花を飾ろうかと思ったのですが
どうしてもなつめが間違えて食べてしまう気がして
パセリなどを飾る事に。

瓶の中に入っている毛は、おしりの毛をカットした時に
取っておいたものです。

左下の緑の小物入れには、なつめが虹の橋を渡った後に
長めに毛をカットさせて貰ったもので、時々撫で心地を確かめたりしています。


クローバー


相方さんはイネ科アレルギーで喘息発作と毎日戦ってくれていました。

今は段々、喘息発作が軽くなってきているそうです。

でも、それがなんだか、なつめが本当に居ないのだ…という事を
自覚させられて寂しいと言ってくれます。

次にペットを飼うのもモルモット以外に考えられないよね、とも言ってくれました。

実際、今からでも新しい子を迎えてもいいとさえ言ってくれます。


私も、なつめがいない寂しさもあって、つい色んなサイトで里親募集を見たり
ペットショップを検索してしまったり、モルモットのブログを覗きに行ったり
もふもふの毛を求めてさまよってしまっています。

でも、自分が喘息ならばともかく、
大切な人があれほど大変な思いをしてくれていたのに
なつめの後はもうモルモットは飼わないと決めていたのに
どう頑張っても家の中で共存する限り症状はなくならないとわかっているのに
またモルモットを飼いたいだなんて自分勝手すぎないかと自問自答の日々です。




せっかく無駄に広いスペースがあるので
一時預かりだけでも出来たら…とも考えています。

でも「この子はうちの子です!」ってなるのも目に見えているので
今後の事は慎重に考えないといけないなと思っています。

実際、そんな事を悶々と考えているのが気晴らしになっているのかもしれません。


今日もエアなつめを撫でて、駆け寄って来るなつめを想像して
写真と動画を眺めて和んでいます。。

メイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス