一筆啓上。夏太郎に御座候。

 

またもや合同対戦関連の記事です。

 

1回イベントするだけで書くことがいっぱい♪

 

私の2回目の攻撃先を決める段階でのことです。

 

戦況的にまだ星1しかとれていない相手の2番に行くのかなぁって思ってました。

 

ただそのベースというのが

 

 

TH11。

 

もう見るからに強そう。

 

正直、普段ならパッと見で避けます。

 

この配置ちょっと前の対戦でも当たったんですよね。

 

TH10でしたけど。

 

TH周りに空白を囲った壁がある配置で星2を防ごうって配置ですね。

 

私の中で「堀のある配置」って呼んでます。

 

こう呼んだらクラメンに「なんすか堀って?」って半笑いで言われました。名前は伏せっティ。

 

星2とるの難しそうだなぁなんて思いつつとにかくリプを見てみます。

 

先に攻めてたのは「H-夢見堂防衛隊」の「けんた」さん。

 

この方、一緒に明星杯も出た方なんですが、まーーーあ変態!

 

今回の対戦でも一回目の攻撃は相手1番から初見星2っていう変態ぶり。

 

その彼をして星1であったこの配置。

 

どんな編成だったか確認してみると

 

え…ドラバル…?w

 

ドラバルって言ったらあれですよ。TH7で全盛期を迎えるあの戦術。

 

TH8はともかくとしてTH9になると対空砲4本になって使えなくなるというあの戦術。

 

それをあろうことかTH11に対して選択するなどと!

 

はっは~ん。さてはけんた氏。外周削って50%を確実に獲ろうと。

 

なるほど確かに星2は難しそう。ムチャに星2を狙うより安全確実に星1を獲る。

 

そんな戦略もあろう。

 

 

と思いきやですよ。ガッツリ星2狙っとる。そしてかなり惜しい。

 

…うん私信じてた。けんたさんが外周削りなんてセコイことしないことを。

 

そしてドラバルがTH11に通じるってことを。赤子のように無垢な心で信じてた。

 

ドラゴンのレベルがまだ4だというのにこの戦術を選択してくるあたり彼のセンスの高さがうかがえます。やはり変態です。

 

んで、これ見てなぞれば私でも行けんじゃねーか、と。

 

私、TH7の時でさえジャイヒーでした。

 

そんな私がドラバルでTH11を攻めることになろうとは。

 

まどろっこしいんで動画

 

改善の余地は十分にあろうかというドラバルです。

 

主に最後のフリーズ。

 

そしてドラゴンがまだレベル4ということで発展の余地ありです。

 

すこし前の自分をドラゴンの火炎の前に引きずり出してやりたい。

 

こうゆう堀のある配置に対して星2を狙う場合はかなり安定性高いんじゃないかなぁって。

 

つーかドラゴン強いんだなぁって。

 

考えてみればマルチインフェルノに対してドラゴンのタフネスは相性よさそうだなぁって。

 

相手がTH10なら配置によっては全壊も見えるんじゃないかなぁって。

 

空軍も考えてみようかなぁって。

 

クランにバルーン始め空軍を愛する男がいるから今度ドラバルのポイントでも聞いてみようかなぁ。堀のある配置に備えて。

 

そんな感じでドラバルでTH10全壊してる動画とかあったらおせーてm(_ _ )m

 

舜之城では対戦好きなメンバーを募集しております!