父親が高校の入学祝で買ってもらったコンポのアンプ部分をもらいました。

そのコンポはパイオニアの「プロジェクトG9」というものです。

プロジェクトシリーズの最上位モデルで、1982年頃の製品です。


父いわくもう壊れてるから使い物にならんと言っていましたが

何十年かぶりに電源を入れ、問題なく音が出ることを確認しゲット。


いつみくんの日々-111112_1448~02.JPG
これが全景。

上からアンプ(SA-7100)、チューナー(TX-5100)、

カセットデッキ(CT-7100)。下にはグライコがあります。

タイマー(DT-12)も装備。

別にスピーカー(CS-7100)があります。

スピーカーは残念ながらウレタンエッジが奇麗に崩壊してましたw

ちなみにラックの型番も7100でした。

いつみくんの日々-SH340120.JPG
アンプを持ち帰ってきました。

上のやつです。


いつみくんの日々-111114_1359~02.JPG

左側から

電源ボタンに4連のツマミは

スピーカー切り替え、バス、トレブル、バランスが並んでいます。


いつみくんの日々-111114_1359~01.JPG
上のスイッチはサブソニック、ラウドネス、テープ2の切り替え。


いつみくんの日々-111114_1400~01.JPG
目を引くLEDパワーメーター。

小音量時でもよく動くよう、.003Wからスケールが付いてます。

小数点の位置に注目すれば納得していただけるでしょう。


いつみくんの日々-111114_1401~01.JPG
ファンクション切り替えはアイコンが光っていてカッコいいです。

使用中のファンクションはグリーンに点灯。


いつみくんの日々-111114_1358~01.JPG
スライド式のボリュームツマミとヘッドホン端子。

ココだけシルバーというのも特徴。


いつみくんの日々-111114_1403~01.JPG
裏側の端子類。

この辺は普通かな。


いつみくんの日々-111114_1403~02.JPG
一応コンポなので

他の機器と連携できるよう専用端子が付いてます。

ヘッドホンはオーディオラックに繫ぐため?


いつみくんの日々-111114_1403~03.JPG

銘板。


いつみくんの日々-111114_2303~01.JPG
説明書もありました。

最大出力は72W+72Wと記載がありました。

当時はこれほどのコンポが存在していたとは驚きです。

相当高価だったようで、システム総合30万くらいしたようです。。。

カセットデッキはオートリバース搭載!


DVDプレーヤーで動作確認したところ一部で音の歪みがありましたが

家のCDプレーヤーで再生してみると問題なし。

原因はDVDプレーヤーでしたw

まあ一安心です。

ピュアオーディオと比べたらチープに見えてしまいますが、

音質はクセの無い聞きやすい音で気に入りました。

テクニクスのSU-7700と比べてですが。


あとはスピーカーを買い換えたいですね。もっとデカイやつに。


これで中森明菜のCDを聴いたら当時の父の青春が蘇りましたw