ウォンテッド(指名手配)のチョッパーは凄いんでない? | edihの昭和音楽よもやま話

edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

1977年9月に発売、ピンクレディーの「ウォンテッド(指名手配)」歌詞がシンドバットから今回は「ある時片目の運転手」と七つの顔の男を持つ多羅尾伴内になったのは阿久(悪)趣味だが、子供から大人までファンのゾーンを広げ空前のブームが起きる。

ヘビーなリズムはオズモンズの「クレイジーホース」あたりが元ネタだろう、相変わらず”ン、チャ、ン、チャ”と忙しくなる特有の都倉リズムでサビをまとめる。

 

レコード演奏を聴いてみると案外なかなかの演奏。ピンクレディーの主なレコーディングメンバーは

 

Key:井上鑑 Dr:宗谷春男 B:金田一昌吾 Gt:津村泰彦 Per:川原直美

 

とである。この曲もサビの部分で金田一昌吾氏であろうチョッパーベースが炸裂。

余談ではあるが井上、宗谷、金田一は大滝詠一氏のアルバムもサポート。中でも"LET'S ONDO AGAIN"では渚のシンドバットなどをパロった「河原の石川五右衛門」や「ピンクレディー賛歌/モンスター」をシャレで演奏、また歌っているのはシャネルズだ。

都市コンサートのツアーでもディレクター飯田久彦氏の発案でレコーディングメンバーで敢行した時期もあったというが、長年にわたってコンサートのアレンジは前田憲男氏が担当、演奏は稲垣次郎とソウル・メディアの強力なる布陣がサポート。

 

歌謡曲のレコード演奏など案外聴き流してしまうものだが、70年代後半はスタジオミュージシャンも一流どこが参加聴かせどころがある。さて前半はヴォーカルレスVer後半はヴォーカルが入った通常のVerをMixアップしてみた。単なる歌謡曲のオケに留まらない演奏が聴けるのだ。

このレコードはこのプレーヤーがこう演奏しているという聴き方はいかがなものでしょうか?

(文中一部敬称略)

 

.

 

 

 

edhi.sasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。