幻のBittersweet Samba | edihの昭和音楽よもやま話

edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
深夜番組のオールナイトニッポンのOPテーマ「ビタースィート・サンバ」は"ハーブ・アルパート"のトランペットが定番なのだが、私は聞きはじめた73年の頃は同じテーマ曲でもギターっぽい「ペンペン」という音のものだった。

オールナイトニッポンの企画CDや40周年の記念本にはこのテイクは収録や触れることなく、当時ラジカセにとっていた「あのねのねのオールナイトニッポン」のカセットを4年位前にYTにアップして、演奏者をWANTEDしたところ数ヶ月経ってある方から、"デニス・コフィー&ザ・デトロイト・ギター・バンド"というバンドの演奏だとコメントを頂いた。しかしWEB上ではまだそれ以上の情報は得られなかったのだ。

最近になって”デニス・コフィー”の情報、音源をGet、どうやら73年に長くハーブ・アルパートのテイクをOPテーマとしていたのだが、転機を図るべく"デニス・コフィー"に曲のアレンジを依頼しOPに使用していたのだが、レーティング(聴取率)があまりよくなかったために元のハーブ・アルパートのタイプに戻したようなのだ。

ハーブ・アルパートのテイクはそれはそれでいいのだが、丁度聞きはじめた頃のデニス・コフィーのテイクはなぜか愛着もあり懐かしさもあるのだ。
せっかくなので、当時の雰囲気を味わってもらいたくて、ジングルをはさんみ、聴きやすいようにエフェクトをかけたのをアップしたので聴いて頂きたい。

「おーっ!懐かしい!」と思うのは私だけではないはず・・・・。いかがでしょうか?

VIVA YOUNG from edih's Channel on Vimeo.



edhi.sasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス