江藤勲vs寺川正興ベース対決! | edihの昭和音楽よもやま話

edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

1971年大ヒットとなった尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」
元々CMソングとして槇みちるさんが歌うがお蔵入、続いて70年にズー・ニー・ブーが「ひとりの悲しみ」としてシングル発売も不発、曲のよさにプロデューサーの村上司氏が尾崎さん用に歌詞を書き直させて誕生したまさに執念の1曲であった。

「また逢う日まで」の演奏はJAZZ系猪俣猛氏(Dr)、寺川正興氏(B)、飯吉馨氏(P)に加えて当時新鋭のギタリスト水谷公生氏。コーラスは尾崎さんをソロにするために解体したワンダーズの栗敏夫、朝紘一。
70年代前半唸るような寺川正興氏の奏法は、江藤勲氏と並んで歌謡界の2大ベーシストでだいたいのレコードでお二人のどちらかが弾いているといっても過言ではない。

ズー・ニー・ブー用にR&Rにアレンジされた「ひとりの悲しみ」ではベースは江藤勲氏が担当、小技を利かせたドラムは石川晶氏の声が高い。

 


ほぼ同じスコアで2人の奏法、リズム隊の組み合わせでの演奏を聴き比べられる貴重な2曲ということになる。


edhi.sasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.