edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

ご無沙汰しております。

堯之バンド続きで久しぶり「傷だらけの天使」でサントラのお話。

「太陽にほえろ!」のレコードのヒットに続いて、「傷だらけの天使」のシングルは、74年10月からのOA開始前の9月に発売された。

傷だらけの天使

速攻買って、何度も聴いて楽しみに第1回を見たのだが、中学生だった私は内容が過激すぎて親の手前バツが悪く、2回以降は遠慮してしまった。

明けて75年2月には「太陽にほえろ」とのカップリングで、な、なんとポリドールからサントラアルバムが発売。
まだ当時はTVはモノラルの時代、TVと同じテイクで、サントラ盤の発売を睨んで最初からステレオで録音したのだと思っていた。
(9曲収録中、7曲がステレオテイク)

太陽にほえろ最初のレコードは、大野さんの16chの機材で劇伴用に各パートを録音したマスターを、GtとOrを左右に散らしステレオMixしたと以前にアップした。

太陽にほえろ!メインテーマ

傷天のサントラ盤といえば、当時はこれだった。
太陽にほえろ! / 傷だらけの天使 ― サウンドトラック/ポリドール
¥2,097 Amazon.co.jp(現在は廃盤)

92年にVapより、劇伴に使用された音源をCD化したミュージックファイルのシリーズとして、
「傷だらけの天使 MUSIC FILE」が発売された。

「傷だらけの天使」 MUSIC FILE/バップ
¥2,621 Amazon.co.jp

しかし音源は当然というかモノラル。
ポリドールとの兼ね合いでモノラルでしか発売出来なかったのだろうと考えていた。
(勿論演奏は堯之バンドであるが、堯之バンドの名称はポリドールに権利があるためVap盤は演奏者はノンクレジット)

では、聴き比べてみよう。


(前半はVap盤、途中後半からポリドール盤)

ライナーにはポリドール盤と違い、TV使用テイクとある。
しかし別録音ではなく、同じテイクのよう。
太陽にほえろと同じように、傷天のOpテーマはGtとOrが左右に振られた感じ、Saxにはリバーブがかけられていた。
岸部さんベースがサビからAメロに戻ってすぐ、微妙なミストーンがあるので、ポリドール盤と同じではないか?

Vapの企画、制作をされたのが、太陽にほえろの劇伴アルバムを企画した高島幹雄氏。
最近になってツイートする機会があって訊ねてみると、傷天のマスターテープはモノラルだったと言っていた。

傷天のレコーディングは、太陽にほえろのテキサスとボンボンのテーマの間の時期、74年の7月に行われ、太陽同様、レコードテイク用にレコーディングした形跡がないようなのですべて同じ処理をしたのだろうと結論。
でもアルバム用に新録音して、劇伴に使用されているテイクと微妙に違うよりファンは納得するはず。やはりTVで聴きなれたテイクが一番だと思う。

Vap盤はポリドール盤テイクのモノを含め、22テイクを収録。ラストに傷天の最終回に流れた「一人」が収録されているのだが、番組に使用されたディブ平尾氏のテイクではなく、曲を作った井上堯之さんのテイクであったのは残念。

ライナーの高島氏のコメントでマスターテープが発見できなかったとあったが、レコード会社の垣根の問題もあったのだろう。
このディブVerが聴けるのは2005年発売の「GS卒業生紳士録」まで13年かかっている。
堯之さんVerも素敵なのだが、やっぱりディブVerで締めてもらえればもう最高だった。
(ちなみにバックは堯之バンド)




「細かいところまで気になるのが僕の悪い癖・・・・」

2つのサントラは同一テイクか、別テイクかただそれだけの話でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。