恋は気分~井上忠夫の世界 | edihの昭和音楽よもやま話

edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

74年筒美氏の屈指のソウルナンバーをカバーした「恋のチャンス」でデビューの"ポピーズ"



日劇ダンシング・チームの選抜メンバー6人で結成された歌って踊れる女性グループ。ポットパンツの衣装でお色気撒き散らすお姉さま方は、当時中学生の私には、ショートのパーマに厚めの化粧はフェロモンを感じるどころか、かなりの年上に思えた。

2ndシングルからは両面とも元ブルコメの"井上忠夫"氏の作品。これがまた歌謡R&Rの大傑作と絶賛されている。

「恋は気分」
(作詞:なかにし礼 作、編曲:井上忠夫)

セリフの「♪気分なの~気分が大事!」とこれがまたセクシーなこと、歌はメロディを半々で追いかけるスタイル、間奏は井上氏ならではのSAXのソロでR&Rを盛り立てる。

ブルコメ解散後73年頃から作曲家として沢山のR&Rのナンバーを書いている井上氏。大ヒットといえば"フィンガー5"の「恋のダイヤル6700」あたりだが、地味だがR&Rの佳曲も多く、70年代歌謡を語るには欠かせない作曲家だ。

この曲、2010年にあの"キノコホテル"のカルト曲のカバーアルバム「マリアンヌの休日」で取り上げた。サイケでチープなサウンドはなかなかのもの。

 

話は"ポピーズ"に戻るが、2dnシングルより3枚連続で「なかにし+井上コンビ」が続く。B面は当時流行っていたソウル、ディスコ・サウンドを取り入れたディスコ歌謡の「私の敗けよ」も抜群の出来。 これら音源はウルトラ・ヴァイブよりCD化されている。井上氏による"ポピーズ"の歌謡史に残る(位の)作品はまだまだ続く。
また機会あった時に紹介!

(文中一部敬称略)

恋のチャンス~コンプリート・コレクション/ポピーズ
¥2,625 Amazon.co.jp

 

edhi.sasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。