edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
最近、花王のCM「プリマヴィスタディア」でよく流れている曲、

 

ミッシェル・ポルナレフが歌った「シェリーに口づけ」


この曲は71年9月に発売、40万枚を超える大ヒットとなった。私にとって洋楽シングル・デビューで印象深い。日テレの「サンデー・ヒットパレード」という和洋ゴチャ混ぜのベストテン形式の番組で知った曲だった。

この「シェリーに口づけ」かなりのインパクトがあったのか、83年にトヨタ・ビスタのCM曲に使用されて以来、IDO、ホンダで使用され、花王が4社目。
TV番組のテーマ・ソングや日本サッカーの応援歌まで、幅広く取り上げられた。記憶にあるのは、ドラマ「ウォーター・ボーイズ」のシンクロ曲として使用されたのと、ピチカート・ファイヴがカバーしたVerはその時代を感じた。

 

出だしの「Tout,Tout Pour Ma Cherie」のインパクトが強いが、私にしてはオリジナルのベース・ラインがキメてだったような気がする。70年代特有の激しいベースがなんといってもワイルドだ。

いつも「シェリーに口づけ」を聴くと、一緒に思い出すのが、「気になる女の子」





「サンデー・ヒットパレード」でチャート・インしてなぜか日本のみで売れた曲。「シェリーに口づけ」とともに多くの日本人アーティストにカバーされたナンバーだ。
やっぱり、イントロのつかみと8分でルートを弾き続けるギターのリフが決め手だったような気がする。

一見単調な感じの曲。
70年代前半を象徴するようなインパクトのある曲であったように思う。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。