edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

"木之内みどり"第3弾の巻!

自らオーデションを受けた映画「野球狂の詩」やTVドラマ「刑事犬カール」に主演した77年、2月にアルバム「硝子坂」から5ヶ月後の7月カバー曲中心としたアルバムをリリース。
「Je T'aime」

ジュテーム

タイトル曲は4月にシングルとして発売したアダルティな雰囲気の曲。



アレンジは「硝子坂」に続いて"瀬尾一三"氏。また参加ミュージシャンは実力者揃いのメンバー。

Dr:田中清司 B:岡沢章 E&Ac G:矢島賢 Key:渋井博
Cho:伊集加代子 尾形道子 鈴木宏子 Per:ラリー寿永

と豪華ラインアップであった。

アルバムの方は、A面はアメリカン・ポップスを並べた「アメリカン・サイド」で、カバーも地味で渋めの選曲。B面は「フレンチ・サイド」とコンセプトのあるアルバム作りでさらに豪華ミュージシャンの演奏。「硝子坂」に続いてアルバム・アーティストへシフトして行くかのような力の入ったアルバムであった。

オープニングはアイドル時代そのままのイメージの「エニー・タイム・サンシャイン」
2曲目は、しっとりと女性らしく「ふっと幸せ」3曲目はAORっぽいシティ・ポップスの

「日時計」

 

吉田拓郎さんやフォーク系のアレンジを多く手掛けた瀬尾氏。結構都会的なアレンジを書いているので関心。ストリングがなかなかムーディ。また、この曲のメンバーもまた凄い。

Dr:林立夫 B:後藤次利 EG:高中正義 AG:吉川忠英
Key:渋井博 Sax:村岡健

また、他のアルバム曲には
Dr:島村英二 G:松木恒秀 芳野藤丸 Key:今井裕 山田英俊
Per:斉藤ノブ 瀬尾一三 Cho:梅垣達志 

などなど、これだけのメンバーを揃えたNAVレコードのプロデューサーには脱帽。
当時のアイドル・アルバムにしては珍しい、曲ごとの演奏メンバーの記載も今となっては嬉しい限りだ。

この頃も男性雑誌「GORO」のグラビアでは格段の人気を誇っていた彼女。
残念ながら歌手としては実績を残せなかった。80年代アイドルはアルバム重視の制作を行っていたが、70年後半"木之内みどり"さんはいち早くアルバム・アーティストとしてこのようなアルバムを
残していたのだ。

(文中一部敬称略)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。