edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

先日"森光子"さんがお亡くなりになりました。
訃報を聞いた日、ちょうど週刊誌で森さんが女優復帰に向けて体力作りをしている記事を読んだばかりだった。なんたって森さんといえば、私にとっては、TBSドラマ「時間ですよ」のおカミさん。人情味溢れる下町のお母さん役が印象的。

70年からシリーズとして3部OAされているが、スパイダース在籍中の"堺正章"さんが出演とあって小学生には遅い時間帯であったが、母親から特別に見ることを許されていた。

テーマソングは"山下毅雄"氏の作曲、"スリー・グレイセス"の「♪パヤッパー」の御馴染みのテーマが長い間使われていた。
第3部の84回からは、森さんが、「東京下町あたり」とタイトルで歌ったものが、タイトルバックに流れていた時期があった。



下町の銭湯を舞台にしたホーム・ドラマ。"久世光彦"氏がプロデュースをつとめ、ストーリーの進行とは別に、堺さん悠木千帆さん(後の樹木希林さん)など、従業員による「トリオ・ザ・銭湯」のストーリーに全く関係もないギャグが面白かった。脇役としても、研ナオコさんや、かまやつひろしさん、天地真理さん、浅田美代子さんがこの番組からデビューしている。

またこの番組の売り物として、エンディングに屋根の上で歌を歌うシーンが名物であった。第3部では最初、浅田さんのデビュー曲「赤い風船」が、83回の放送からは、堺さんの名曲「街の灯り」が流れていた。



第3部はギャグ部分が多くなったのだが、当時としては面白かったし、今ではこんなアット・ホーム的なドラマはなかなか見ることが出来ないの残念な気もする。
でも、こんなに家族以外にも面倒見のいいおカミさんはドラマでも実生活でも"森光子"さんならではのものと思う。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
長い間お疲れ様でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。