ゲバゲバ90分~宮川泰 | edihの昭和音楽よもやま話

edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

 

我々の世代には大変センセーショナルだったショート・コントが満載なバラエティ番組「巨泉×前武ゲバゲバ90分」(1969年OA開始)



構成はプロデューサーの"井原高忠"氏。
「セサミ・ストリート」や「ラフ・イン」を参考に、視聴者に一番向いたCM感覚のスピード感ある短いギャグを中心に、1回の放送分130本を2日間で撮影、1500万の巨費を投じた破格の番組であった。

司会は当時売れっ子の"大橋巨泉"さんと"前田武彦"さんの掛け合いで番組は進行し、間にショートコントを挟むといった演出。出演者も役者さんから"岡崎友紀"さん"小山ルミ"さんまで、お笑いに縁のない出演者が多く、"宍戸錠"さん"常田富士男"さん"藤村俊二"さん"朝丘雪路"さん"松岡きっこ"さんや、当時大人気の"コント55号"をあえて競演させずバラで使うなど、キャストもかなり凝っていた。

ちなみに「ゲバゲバ・ピー!」のアニメ・キャラクターは、コントの1シーンが短いため、切れ目を分かるように"木下蓮三"氏に依頼。最後の「ピー」はアクセントを付けるために当時話題だった「アポロ11号」の交信音だそうだ。

さて肝心の音楽担当は"宮川泰"氏。
"ザ・ピーナッツ"、"クレージー・キャッツ"そして「宇宙戦艦ヤマト」でお馴染みの大作曲家である。
このテーマ曲は、最近では「キリン のどごし<生>」のCM曲で御馴染みの方も多いと思うが、オリジナルはゲバゲバから。当初エンディング用に書かれたものだが、演出の"齋藤太朗"氏の発案でマーチ風で出演者の登場のシーンでテロップを入れる手間を省くために名前の書いたプラカードを持たせ行進させるオープニングにしたという。

では、エンディングはというと、あまり記憶がない方のために・・・・。



オープニングと同じ曲の8ビートのバリエーション。フル・オーケストラはさすが宮川氏のスコア。番組予算の半分近くは、シナリオ代と音楽制作に費やしたそうだ。
当時としては画期的な2chのステレオ録音。
(勿論この頃はTV音はまだモノラル)

TVサントラ発掘でおなじみの"高島幹雄"氏が、「ゲバゲバ90分」を音源化にするにあたって、ステレオのマスター・テープが発見され、「ミュージックファイルシリーズ」の中でも貴重なステレオCDとして98年に発売されている。

ゲバゲバ90分!ミュージックファイル/バップ

 

¥2,548 Amazon.co.jp

このCD化された音源は、未だにあちこちTVのBGMとして使用され、宮川氏の偉大さがわかる。
コントの内容も「もしもシリーズ」やアニメとの合成ギャグなど、ここ数十年と繰り広げられているお笑いも、原点は「ゲバゲバ90分」から。
本来は1時間30分なのだが、あえて90分をいうネーミングをしたものこの番組が最初だそうである。

ハナ肇さんの「あっと驚く為五郎!、ハハハ、何?」というギャグも流行りましたっけね。

edhi.sasakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。