edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

67年、"伊東きよ子"さんのデビュー曲だった
花と小父さん

伊東きよ子

作詞、曲は"浜口庫之助"氏。
「涙くんさよなら」「バラが咲いた」「夕陽が泣いている」など、自然なものを題材に、やさしいメロディで数々のヒット曲を生み出している。

元々この曲は"植木等"さんのソロ・アルバム
「ハイおよびです!!」

ハイ

の中の1曲として作られたものでした。
花と小父さん(1967)」

どちらかというと伊東さんのヒットもあって、"森山良子"さん"天地真理"さんなど女性歌手にカバーされました。"伊東きよ子&タイガース"のTV音源も存在、キングよりCD化されていたようです。

1990年、植木等さんはクレージー時代のヒット曲をメドレーで歌った「スーダラ伝説」が大ヒット。紅白に出場の際、瞬間最高視聴率をマーク、TV、ラジオ、コンサートに大忙し、再び植木=クレージー・ブームとなりました。

植木等

「C調+無責任男」を再び演ずる反面、大年の渋い歌声を聴かせてくれるアルバムの中に

花と小父さん(1990)
がリメイクされていました。
長年クレージー作品に携わり、「スーダラ伝説」を編曲した、"宮川奏"氏。その宮川氏に師事した"溝淵新一郎"氏が、「花と小父さん」のアレンジを担当。雄大なストリングスが曲を盛り立ててます。

一見女性の歌とされてる「花と小父さん」。植木さんの歌声で聴くのも、また違った思いが出てくるのでは?

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。