edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
75年8月発売の"青木美冴"さんのデビュー曲

うれしい体験
うれしい体験
(作詞:山口洋子 作曲:井上忠夫 編曲:竜崎孝路)

75年の歌謡界はオールドR&Rブームの最中、
ノン・ストリングスのバンド中心のサウンドは、
最初聴いたとき"穂口"さんの作品?と思ったが、
こちらは元ブルーコメッツの井上さんの作品だった。

出だしの「ダメよ!ドン ドン」のリズムは4部音符が並ぶ覚えやすい
メロディは、「童謡」をべースにする井上さんならではの感がある。
アレンジは竜崎さん。林寛子さんの「カモン・ベイビー」などでおわかり
のように、ギターがメイン。イントロのツイン・ギターもカッコいい。

青木さんはTV「ぎんざNOW!」のオーディションのチャンピオンで芸能界
入り。デビュー1年後の契約更新の際、あっさり引退してしまう。
81年にはアニメ関連で再デビュー、暫く活動を続けた。

私の歌謡曲の教科書だった「季刊リメンバー」の編集長"高譲"氏率いる
「ソリットレコード」が、88年6月に「夢のアルバム」を発売する。

夢のアルバム

70年代を代表する奥村チヨさん、平山三紀さんなどに、
"パール兄弟"や沖山優司氏、高浪慶太郎氏と小西康陽氏
が曲を提供するといったパスティーシュ的コンビ歌謡曲
アルバムだった。その中の1曲、

夢みるハイウェイ
(作詞:サエキけんぞう、作曲:大木雄司、編曲:沖山雄司)

歌ったのはなんと"青木美冴"さんだった。
思いっきり「うれしい体験」を意識したサウンドには笑ってしまった。
私にとって実に13年ぶりの青木さんの歌声に嬉しくなった。

青木さんは1年と短い表舞台の活動だったが、パンチのある歌声は、
それぞれに記憶に残るアイドル歌手の一人であったような気がする
のである。
(文中一部敬称略)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。