edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
74年に「ブスにはブスの生き方がある」でデビューした。
"まりちゃんズ"

ブス

中学時代、午後9時頃からオールナイト・ニッポンまでラジオを
聴きっぱなしの時代、ラジオから仕入れる歌も結構あった。

パロディ、馬鹿馬鹿しい歌などは次の日の話題もちきりで、
この曲もよく同級生の女の子に向かってみんなで歌ってしまった。
詞が問題で放送禁止となり、一時しか聴けなかったような気がする。

"まりちゃんズ" 
とは、3人のメンバーそれぞれが天地真理さん、夏木マリさん、そして
お色気女優の田中真理さんのファンだったことからグループ名となった
と雑誌等では紹介されていた。

第2弾シングル「ひがみブルース」では、
「スターになりたい!」と絶叫していた3人のうち、2人は
"藤岡藤巻"となり、「ポニョ」のヒットで紅白出場するまで有名になる。

彼らの所属は「エレック・レコード」
あの"Char"が、スタジオワークをはじめた会社だ。
94年にCharがギターを弾きまくったという
尾崎家の祖母」がラジオから流れ、話題となり、
ベスト盤が再発されるまでになった。

¥1,835 Amazon.co.jp

メンバーやCharも、あまりこの時代のことは語りたがらないらしい。
でも、このようにしてアルバムとなり、改めて聴いてみると、
ラジオを聴きいっていた当時を思い出しながら笑ってしまうのである。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。