edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
75年12月発売の太田裕美さんの3枚目のアルバム
「心が風邪をひいた日」
心が

このアルバムのトップを飾ったのが

木綿のハンカチーフ
(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:荻田光雄)

この曲は、男女の対話形式の長めながらストーリー性のある
松本氏の自信作に、最初詞を見て普通7、5調な詞に対し、
女性の詞の部分は6、4調と変則的な詞に難色を示しながらも、
意外とすんなりと仕上げたという筒美氏はさすがである。

アレンジは荻田氏。ギター担当の矢島賢氏によれば、
イントロ、オブリガードと几帳面に書かれていた譜面に
驚いたという。なかなかシンプルないいアレンジ、
単調で終わらないようエンディングも工夫した感がある。

楽曲の素晴らしさに、スタッフはシングル曲として再録音
90万枚の大ヒットを記録する。

歌った太田裕美さん、デビュー前は、キャンディーズ
結成前の3人と同時期にスクールメイツに在籍、その後
NHKのステージ101などで歌っていた。
筒美氏の作品でソロデビューするが、ナベプロの方針で
ニューミュージック系のシンガーとして売り出され、
ピアノの弾き語りで学園祭ではひっぱりだこであった。

木綿

シングル盤 「木綿のハンカチーフ」 
(作詞:松本隆 作、編曲:筒美京平 編曲:荻田光雄) 

シングルテイクでは、筒美氏はイントロのストリングスのアクセント、
ギターをアコスティックに変更、女性コーラスと4コーラスそれぞれに
シンセ、ストリングスのバリエーションは効果的な構成に仕上げている。
荻田氏のシンプルなアレンジを尊重、歌謡曲としてではなく、
ニューミュージック的な路線のイメージであったのもヒットに結びついた
要因であったのではなだろうか。

シングルテイクのギターは鈴木茂氏というのが定説であったが、
2011年、BSでOAされた「ギターストーリーズ」に出演された
芳野藤丸氏が「あのギター、私が弾いたらしい」とコメントしている。
(ギタリストの聴き比べとして聴くのも面白いのでは・・・・。)

松本+筒美コンビは、この曲の大ヒットから80年代にかけて、
ヒットメーカーとして数々の作品を手がけることとなる。
また筒美氏は、大橋純子さん、桑名正博さんなどに作品を提供し、
ミューニュージック系と呼ばれるジャンルにも進出するのである。
(ちなみに松田聖子さんが、松任谷由実さんや財津和夫さんの
作品を歌っても、ミューミュージックではなく、歌謡曲として
扱われるのも妙な話だが・・・・)

木綿のハンカチーフのヒットは、80年代にかけて歌謡界の地図をも
変える、ターニングポイント的な1曲であったように思うのである。
(文中一部敬称略)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。