edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
74年9月に筒美作品でデビューした"三浜鉄平"さん。

「愛のかけら」


(作詞:有馬三恵子 作、編曲:筒美京平)

"布施明"さんっぽい声質、歌唱スタイルのアイドル版のような感じで、この曲もブラス・ポップな「黒い炎」路線、"チャカポコチャカポコ"のワウを使用したギターは、アップテンポな歌謡曲に徐々に必須のエフェクターとなってくる。一方リードギターは今でいうと"コーラス"的なエフェクトを使用していて、今までの筒美作品の作品で弱点であったノンエフェクトなギターから一変、アップな曲に厚みを増している。イントロの後、いきなりサビから入るあたりもこの頃の特徴かもしれない。

この曲もCBSソニー提供の夜9時台のラジオ番組のCMでよく流れていて、なかなかいい曲と思っていた。残念ながらヒットにはならなかったが私にとって印象深い曲の1曲である。

三浜さんのファースト・アルバム「懐かしい人」には筒美作品や、馬飼野康二氏作、編曲の2ndシングル「懐かしい人」など「おはよう700」やNHK「なかよしリズム」に出演された "福沢良"さんがシングルカットした「雨は降る」や尾崎紀世彦さんが歌った自由であればが馬飼野氏のアレンジで収録されいて、デビュー曲以降は西城秀樹さんの路線を狙った感じもある。

「自由であれば」;(三浜Ver)





三浜さんのシングル、アルバムの中にも、筒美氏の隠れた名曲が散りばめていた、そんな気がするのである。

(文中一部敬称略)

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。