edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
前回の「なごり雪」の話をアップした後、"風"と"イルカ"のジョイントコンサートに行ったことを思い出しました。共に弾き語りのライブでした。
風
(76年3月22日)

イルカの曲はそれまであまり聴いてなかったのですが、ラストのあたりに

いつか冷たい雨が

を聴いてジーンと来たのを記憶してます。続いて"風"のコーナーでは伊勢さんが椅子に腰掛けて、
大久保さんは立ちっ放しで歌っているのを
「久保やん疲れないのかなぁ?」
なんて妙な心配をした記憶があります。

1stアルバム収録、79年にイルカさんがシングルでカバーした、 

海岸通り」や、
76年1月発売の2ndアルバム

時は流れて・・・/風
¥2,300 Amazon.co.jp

からの選曲でした。

「なごり雪」が3月のイメージなら2ndアルバムに収録の

暦の上では

は私にとってはその後、3~4月頃のイメージの曲になります。イントロの"Fmaj7"は当時ではあまり耳にしないコードで、ギターコードブックを見て、練習したものでした。

4月に入って東京では花満開のニュースが流れる中、まだ盛岡ではみぞれが降ったりして、「♪暦の上ではもう春なのに、まだまだ、寒い日が続く~」
と、曲にピッタリな気候がまだ続いているのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。