edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:

あちこちでネタになっているが、日曜日に聴いて、頭から離れなくなってしまう曲をご紹介。

1967年発売の「ラリラリ東京」


(作詞、曲 :信楽順 歌:三浦正弘とアロハ・ブラザーズ)

いきなりバッハの「トッカータとフーガ」ではじまる先制パンチ。お経っぽい「ラリラリ・・・」とアラビア風なイントロ から歌へ。エンディングには「結婚行進曲」 が入る。

しかし曲はムードがあっていいし、裏声のボーカルもなかなかきれいな歌声。「アロハ・ブラザーズ」は後に”三浦弘とハニーシックス”として、「よせばいいのに」などのヒット曲を持つ兄弟グループ。

でも何故に「ラリラリ・・・」 なのか?民放連の要注意歌謡に指定され、放送禁止になった模様。そりゃそうだ。ウケ狙いなのか、楽曲勝負なのか、よくわからない仕上がりだった。

次は、1969年12月発売の「イライラ東京」


(作詞、曲:信楽順 編曲:田辺信一 歌:三浦正弘とハニー・ブラザーズ)

「ラリラリ」が「イライラ」なって登場。ペダル・スチールが甘く、グッとムード歌謡風になってきたが、「♪イライライライライライラなのよーん」 とそのあとの「アーン」でやっぱり笑ってしまう。

そして、今度は78年5月には「メロメロ東京」となる。


(作詞、曲:信楽順三 編曲:伊藤雪彦 歌:殿様キングス) 

「なみだの操」が大ヒットした”殿様キングス ”が再びリメイク。「ズンズ、ズズ、パヤパヤ」とより”チャチャ”なムード歌謡の仕上がりだったが、オリコン100位にチャートインできず日の目を浴びなかった。こうやってならべて聴いてみると、最初から「メロメロ東京」にしておけば、結構ヒットしたんじぁないかなぁと思う。

とどめば、殿キンの
しっちゃかめっちゃか東京

「♪メロメロメロメロメロメロなのよーん」 の後にしっかり「アーン」 が入り、原曲に近いサウンドになっていた。しかし、このホントにこのタイトルなのかどうかは不明。

(信楽氏自身HPの代表曲に”メロメロ”はあったが、”ラリラリ”と”イライラ”は入っていなかった。過去を抹消したのかな?)
信楽順三氏の名誉ために言っておくが、狩人の「アメリカ橋」は信楽氏の作曲。受け狙いの作曲家ではないとは思うのですが・・・・。

後は見つけていないが、どこかで誰かが「○×○×東京」で歌っているかもしれない。あったとしたら、今度はどんなタイトルなのか、妙に楽しみになってしまった。
(文中一部敬称略)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。