edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
71年1月、解散した人気3大GSからのピックアップメンバーで
スーパーグループが結成される。

PYG
$edihのブログ-PYG

ソロ活動を拒否、あくまでバンドとしての活動を望む
沢田さんに対して、プロダクションの結論は
「スーパー・セッション・グループ」にジュリーが参加する構想。
しかしメンバーの選考が難航し、最終的にスパイダースの
井上堯之さんと大野克夫さんに白羽の矢がたったといわている。

結成にあたり、リーダーの堯之さんは

「今までのショー的なTV出演は一切拒否して、
本格ロックをすたらせたくない」

と、目指すは反ロック的、アンチ体制的なサウンドで、
あくまでも彼等主導、プロデュース主体のバンドを目指す。

2月、「スター千一夜」と「夜のヒットスタジオ」で
Deep Purpleの「Black Night」を披露。
(PYGの演奏により、本家Deep Purple盤は当時の洋楽では
異例の10万枚のセールスを記録)

しかしクローズアップされるのはジュリー&ショーケンの
2大アイドルスターのツイン・ヴォーカル、支持するのは、
ほとんどがGS時代からのそれぞれの女性ファンであった。
またプロダクションの計算は、2人のファンをあわせて
GS時代の2倍の人気を目論み、メンバーの理想とはかけ離れていた。

3月サンケイホール、MOJOWESTや4月の日比谷野音の
ロックフェスティバルに出演するが、GS路線の延長(=商業主義)
のイメージから、猛烈な罵声を浴び前途多難なスタートを切る。
(7月の日比谷野音ではショーケンがステージから
引きずりおろされる暴動もあった)

edihのブログ-京都

4月、ヘビーなサウンドのデビュー曲「花・太陽・雨」は
16chの音響機材をドラムセットにそれぞれマイクを使うなど、
レコーディングに100時間も費やすが売上は10万枚にも
届かなかった。

夏に発売された1stアルバムはジュリー中心の
ポップス路線傾向となり、次第に演奏の場もショー形式の
リサイタルからJAZZ喫茶出演へと、GS時代と同じような
動きとなっていく。

ライブでの女性ファン同士(ジュリー派とショーケン派)
の熾烈な争いは露骨で、一筋縄とはいかないまま、
次第にライブも不入りで赤字がかさみ、
プロダクションはジュリーのソロでの売り出しをかける。

10月「君をのせて」で「合歓ポピュラーフェスティバル」に出場、
11月には「井上堯之グループ」をバックバンドとして日生劇場で
初リサイタルを開催する。

一方、ショーケンは
10月に「第5回オールスター秋の紅白大運動会」で
「太陽にほえろ!」のオープニングのごとく、裸足でトラックを
駆け抜け、11月、1stアルバムから「萩原健一+PYG」の
ソロ名義の形で「もどらない日々」をシングルカット、
TBSドラマ「刑事くん」に脚本家市川森一氏の誘いで出演、
(元刑事の「井上鷹之」役、サブタイトル「もどらない日々」は
BGMに使用される)
年が明けるとPYGを離れるかのように、活躍の場を映画界へ移す。

edihのブログ-pyg2

メンバー主導、プロデュース主体のロックバンドへのシフトを、
プロダクションが企画した商売上のバンド結成のイメージが
最後までロックファンには受け入れられないまま、
72年にはそれぞれのソロ活動がメインとなり、
自然消滅の形となってしまった。
しかしPYGの自然消滅が「井上堯之バンド」として長年にわたり、
2人を支えることになったのはいうまでもない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

edihさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。