edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。


テーマ:
前回の「稲妻娘」のついでに「涙の太陽」の方へ
お越しくださった方、ありがとうございました。
自分でも久しぶりに見直してみたら、
カバーの音源は紹介しておりませんでした。

それでは、1989年の2曲を紹介。

6月に"サンディー&ザ・サンセッツ"が
「涙の太陽」を発売。
英語と日本語の歌詞で歌っている。



アレンジはギタリストの"大村憲司"さん。
フュージョンがブームの70年代後半、「ギター・ワークショップ」
のアルバムなどで、よく大村さんのギターを聴いたものだ。
80年には"YMO"のサポートメンバーとして活躍され、
テクノ風なアレンジも、YMOのイメージからであろうか。
そのなかで、ノンエフェクトなりード・ギターの音は、大村さん
自らなのだろうか、どこか古さを感じる音だ。
個人的には、カバー曲は新しいサウンドの中に
ちょっと古さがあるのが好きである。

そして、7月には"田中美奈子"さんバージョンが発売。



アレンジはキーボード・プレーヤーの"関根安里"さん。
ロックバンド"TAO"や"EUROX"に在籍。
エスニックなビートがきいたアレンジだ。
"田中美奈子"さんは、女優でも活躍しており、歌番組などの
露出度もあって、オリコン最高16位のヒットとなった。


2003年には松本孝弘(B'z)のソロ・プロジェクトアルバム
「THE HIT PARADE」の中で
愛内里菜Ver」が収録。

2004年には"メロン記念日"がカバー。
ユーロっぽいセクシー路線風。

「涙の太陽」は年々様々なアレンジで歌い継がれている。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。