エイジング塗装の製作工程☆どんな風に進めたか | Casa de olive ( カーサデオリーブ ) 那須林産工業~ずっと、自分らしく、暮らせる家づくり 

Casa de olive ( カーサデオリーブ ) 那須林産工業~ずっと、自分らしく、暮らせる家づくり 

カーサデオリーブが那須から発信する、自然が似合う、自然素材を使った、おしゃれで、本当にあたたかい家。「FPの家」のノウハウを活かした、高断熱・高気密の家づくりをご紹介します。


テーマ:

こんにちは☆

栃木県那須塩原市にて自然素材を使った本当にあたたかい家を建てている那須林産工業です♪

 

3日前のブログで、エイジング塗装の製作工程をアップするとお伝えしていたのに、、

  ↓↓

・・・すっかり忘れてしまった私ですガーン

申し訳ないです~ショボーン

 

エイジング塗装は、色々なやり方があるとは思うのですが、私はこうやりました!というものなので、ご参考になさってください。

色々なやり方があるとは思いますが、

まずは・・・

この木のドアの表面を乾いた布でよくふきとり塗装面のホコリを落とし、取っ手部分等をしっかりとマスキングテープで養生します。

 

そして、茶色か黒のステイン系の塗料で塗装します。

弊社は、リボスのタヤエクステリアという自然塗料を使いました。

 

その後、下塗りの塗料が見えなくなるまで、油性または水性の上塗り塗料を塗っていきます。

通常の塗料ですと大抵2回の塗り重ねできれい下塗りが見えなくなりますが、弊社はリボスの自然塗料アメロスを使用したので、3回塗り重ねました。

アメロスは乾きが遅いので、この塗装で5日ぐらいかかりました。

 

 

そして、やすりで、この上塗り塗装を、下塗り塗装が見えてくるまで部分部分で剥がしていきます。

これがとても大切で、何十年も使っていると、この部分が剥げて、この部分は汚れていくよね・・・・そんなことを想像しながら、少しずつ進めていくのがコツです。

 

最後にこの剥がした部分に、こんどは下塗りで使用したステイン系の塗料を、布に少しずつとり、薄く塗り広げていきます。

弊社は、黒系の塗料と茶系の塗料2色を使います。

黒は、木が劣化して古く灰色になった感じを出したいため。

茶は、塗装の油膜が経年変化で茶色く変色している感じ又は汚れ感を出したいためですニコニコ

 

そして、完成形はこちら☆

いかがでしょうか。

古っぽい感じ、出ているでしょうか。

 

結構格好いいな・・・と私自身は気に入っています♪

しかも、塗装の指示があった設計にも、”100点、イメージ通りビックリマーク”とのお墨付きをもらいました☆

 

意外にこうしたDIYが大好きで、この塗装にはまってしまった私・・・。

今度は会社の椅子をエイジング塗装しようかな・・・なんて企んでおります音譜

出来たらまたブログにご紹介させていただきますね!

 

何かご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 コメントもお待ちしております☆

 

【5月のイベント情報】
★ 5月20日 家づくりのお金の勉強会 ★
”たった90分で500万円得する!?”
あなたの資金計画は大丈夫??住宅ローンにご不安がある方はぜひ聞いていただきたいお話です
ニコニコ

★ 5月26日 なんでもオウチ相談会 ★
”オウチを建てたい方、集合!!”
お家づくりへの疑問いっぱいじゃないですか!?ぜひ皆さまの疑問をお聞かせください
ニコニコ

【ご予約やお問合せはHPから】

弊社HPはこちら ⇒ www.nasurin.com

なすりん ユミ ~casa de oliveさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。