ドナステラ クチーナ・オオサコ

テーマ:

先週行ったので、ちょっと記憶がぼんやりめなのですが、とってもおいしかったので忘れないうちに書いておこうと思います。前から行ってみたかった、銀座の「ドナステラ クチーナ・オオサコ 」に行ってきました!

 

以前友達といってみようと電話したときは「10時からなら」といわれ、10時からフルコースを銀座で食べて、帰りはどうするんだい? と思ってからのリベンジです。

でも、そのおかげで今回はゴチ。でいけました。仕事先の人とごはんを食べることになり、どっかいいとこない?ときかれたときに「うっしっし、いい店ありますよ」とココを教えたのでした。

 

場所は松屋の裏手。ここにレストラン?って感じの雑居ビルです。でも中はすこーんと抜けた感じで、席数も少なく、ゆったりしています。今回は6人だったのでコースでしたが、本当はアラカルトが腕の見せ所らしい。シェフも一人、サービスも一人。のわりにはお料理はいテンポよく出てきました。サービスのひとはテンポよく喋り、ワインのこともよく教えてくれて楽しい。でもなぜか「元悪ガキ」って雰囲気。もっと喋ってほしかった…。

前菜はいきなり温かいムール貝のワイン蒸し。前菜なのに?と思いつつもぱくぱく。スープがんまーい。そして次は4種のチーズがかかった白アスパラ。これもジューシィでとーろとろ。缶詰じゃない白アスパラがおいしいと知ったのは30過ぎてからですが、ここのは特においしかった。パスタは生タラコと百合のつぼみ(食べられるとは知りませんでした…)これもぷちぷちのタラコがパスタに絡んで絶妙。お魚は白身に両側がジャガイモのかりかりがいっぱいついてて、まるでフレンチ。そのジャガイモのこげ具合が6人6様で、たがいに見比べてしまいましたが。そしてメインは琉球ロイヤルポークのグリル

「もう食べられない!」と思いつつそのジューシーなうまさに勝てず、苦しみながら完食。しかしまだデザートが残っている! 私は「まだ食べるの?」というみんなの視線を浴びながら「苺のミルフィーユしかもほろにがキャラメルのジェラートもつけてしまいました…。

これもまたすごくおいしい。ひとりでよく作るなあ~って感じ。しかも紅茶はミルクで、といったらロイヤルミルクテイーが出てきました。料理も感動だけど、実はこのことに一番びっくり。ミルフィーユとばっちり合いました。

合計で、実際おいくらかはわからないのですが、6人フルコース、スプマンテ、白ワイン2本、赤ワイン1本でお財布担当の人が「安かったなあ」といってたので、かなりコストパフォーマンスは高そうです。今度は相方君とゆっくり行ってみようかと思います。

しかしとにかくボリュームがすごいです! 私はかなりの大食いですが、午後から腹ペコキープのまま7時からのコースでいっぱいいっぱいでした。めちゃめちゃロマンティックっていう感じじゃないけど、がっつりおいしいものが食べられます。

AD

コメント(10)