こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 副業を始める前に、知っておくと役立つのが、キャッシュフロー・クワドラントという概念です。

 

 キャッシュフロー・クワドラントは、ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』を執筆したロバート・キヨサキ氏が提唱した新しい概念です。「すべての職業をお金の流れをもとに分類していくと、究極的には4つに分けられる」というのが、キヨサキ氏の主張です。

 

 その4つとは、

・従業員、サラリーマン(Employee=Eクワドラント)

・自営業者(Self-employed=Sクワドラント)

・ビジネスオーナー(Business owner=Bクワドラント)

・投資家(Investor=Iクワドラント)

 です。

 

 事例で説明しましょう。サラリーマン(Eクワドラント)のMさんは、普段は経理の仕事をしています。「もっとお金が欲しい」と思ったMさんは、仕事帰りに居酒屋でアルバイトを始めます(「E+E」)。

 

 けれど、アルバイトでは余り稼げないと知ったMさんは、自分で経理の外注を受けるビジネスを始めました。Mさんのクワドラントは、「E→S」へと変化しました。

 ビジネスが順調に成長したMさんは、サラリーマンを辞めて従業員を雇うことにしました。1人雇い、2人雇い…とするうちに、とうとう法人を設立しました。

 Mさんは、Sを拡大させた後、ついには経営を自身の右腕に任せ、この事業に自分の時間を使うことはなくなりました。これで、時間のリスクがお金のリスクへと変わりました。

 Mさんのクワドラントは、「S→B」へと変化したのです。

 

 Mさんのビジネスは順調とはいえ、いつ経済危機などが起こって、仕事がなくならないとも限りません。そこでMさんは自分の収入の一部を投資に充てて、未来に備えようと考えました。

 Mさんは、BクワドラントとIクワドラントを兼業し、「B+I」になったのです。

 

 他人のビジネスに対してお金を投じるIクワドラントは、副業しやすい職業だと世間では考えられています。

 しかし投資は、まだ実現していない未来に対してお金を出すため、結果は保証されていません。実際にお金が返ってくるかどうかは、リスクとリターンのバランスによるでしょう。

 

 それでは、実際に副業を始める際は、何をすればいいのでしょうか。お勧めは、個人事業(Sクワドラント)を始めることです。

 個人事業主であれば、自分の時給は自分で決めることができます。時間などの融通も効き、サラリーマンとの両立もしやすいでしょう。将来的には、事例のMさんのように、独立も視野に入りやすくなります。

 

 とはいえ、多くの人は、「副業で個人事業主を始める」と言われても、何をどうすればいいのか、皆目見当もつかないのが実情ではないかと思います。

 そのような方には、以下のセミナーがお役に立つかもしれません。

 

《メルマガ読者限定》※申し込み方法は下記URLをご覧ください。

【無料セミナー】実例解説ーー未来系「副業」を手に入れ、新たな収入源を創る

https://www.matano.asia/event/miraikei/

 

 本セミナーでは、サラリーマンから独立・起業し、現在ではWeb3を活用した副業コミュニティを運営しているコミュニティ・リーダーを講師に迎え、生きた実例をお話しいただきます。

 副業にご興味のある方、最先端のIT技術を使用したビジネスに興味のある方などは、ぜひ参加をご検討いただければと思います。


 

 ありがとうございました。


 

★俣野成敏最新セミナー

https://www.matano.asia/seminar/