こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 最近は、すっかり“副業”という言葉も珍しいものではなくなってきました。世間では、全部ではないにせよ、テレワークが当たり前の働き方として受け入れられつつあります。

 街でも、個人宅配やフードデリバリーを見かけない日はありません。その多くが、サラリーマンが副業として行っているのでしょう。

 

 これまでは、仕事をしたければ会社に応募するのが一般的でした。しかし、会社に雇用されると拘束時間が長くなるため、副業向きではありません。

 代わりに、今ではマッチングサービスが盛んです。隙間時間に別の仕事をしたい人と、必要な時だけ必要な人手が欲しい企業とを結びつける仲介業が求められているわけです。

 

 多くの人が、クラウドソーシングに登録する理由は、自分で顧客を見つけられないからです。

 

 もともと、サラリーマンとして会社に所属していれば、会社のブランドに惹きつけられた顧客が向こうからやってきます。従業員は、与えられたノルマさえこなしていれば、それだけで事足りました。

 ところが、副業を始めて自分が個人事業主になる場合、顧客がいない限り、ビジネスができません。ビジネスとは、必ず相手が必要です。

 

「だったら、顧客がいない自分には副業は無理なのか?」というと、もちろんそんなことはありません。サラリーマンをしている限り、基本的には自分の顧客は必要ないため、今まで注意を向けていなかっただけのことです。

 

 それでは、肝心の「どうやって自分の顧客を見つければいいのか?」についてですが、すべてのビジネスの基礎となるのは、人間関係です。人間関係とは、一種のブランドです。

 

 あなたにも、信頼関係を結んでいる人がたくさんいるでしょう。この人たちの言うことであれば、あなたも素直に耳を傾けるはずです。

 相手が人間でない場合も、同じことです。たとえば、あなたには好きなブランドがあって、シリーズで購入したり、何度もリピートしたりしている商品があるのではないでしょうか。

 それは、「この商品であれば安心だ」という信頼を寄せているからです。

 

 有名ブランドも、もとはといえば個人事業主が始めたものでした。従って、副業でビジネスを立ち上げるというのは、誰かと信頼関係を築くことに他ならないのです。

 

 商売を始める際は、学歴も、一流企業に勤めているかどうかも関係ありません。「自分次第」というのが、ビジネスの面白いところです。

 

 “副業”と聞くと、多くの人は「何をすればいいのかわからない」と言います。

 であれば、まずは自分のブランド価値を上げることから始めてみてはいかがでしょうか。そのためにも、まずは自分の周囲にいる人との信頼関係を高めることから考えてみていただければと思います。


 

【メルマガ読者特典あり】

★「副業を始めるに当たって、自分ブランドを高めたい」人はこちら↓

https://www.matano.asia/seminar/


 

 ありがとうございました。