お早うございます。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 仕事の面白みとは、一体どこにあるのでしょうか。

 

 世の中には、自分が好きになれる仕事を探している人もいます。いわゆる“自分探し”などもこれに含まれるかもしれませんが、本来、探す必要などありません。

 なぜって、今、すでに目の前に仕事があるわけですから。

 

 もし、「今やっている仕事が面白くない」というのであれば、基本は面白くなるまでやるしかありません。

 とはいえ、誤解がないようにお伝えしますと、私は「無理にでも仕事を面白く感じよう」と言いたいのではありません。そうではなくて、「今の仕事を次のチャンスにつなげよう」と言いたいのです。

 

 本来、どんな仕事であっても、面白みを感じることはできると思います。たとえばチームワークを発揮し、チーム一丸となって目標を達成するとか、会社に貢献して、お客さまから感謝の言葉をもらえる、などです。

 おそらく仕事をしている人であれば、こうした経験は誰もがしていることと思います。つまり、ほとんどの人は今の仕事がまったく面白くない、というわけではなくて、「時々面白い」とか、「そこそこは面白い」とか、そういうことなのだと思います。

 

 中には、自分の仕事が嫌いな人もいるかもしれませんが、私はそれでも一向に構わないと思っています。仕事において重要なのは、好きか嫌いかではなく、「自分が相手の要求に応えられるかどうか?」ですから。

 

 たとえ好きではなくても、相手の期待値を1ミリでも上回っていれば、必ず次のチャンスがやってきます。そこでも、相手の期待値を上回る成果を上げれば、また次のチャンスがやってきます。ですから、面白みのある仕事を探すというよりは、“手繰り寄せる”といったほうが近いかもしれません。

 いずれにせよ、次々とチャンスが舞い込んでくる人で、「仕事が面白くない」と感じている人はいないのではないかと思います。

 

 結局のところ、自分にどのような仕事が向いているのかは、やってみないとわかりません。わからないのに、どうやって探そうというのでしょうか。

 

 ただ一つ、どのような仕事にも共通して言えることは、「自分の采配で決める割合が増えたほうが、仕事は面白くなる」ということです。

 たとえ上司に言われた通りにやらなければならない仕事であったとしても、自分で決められる範囲は必ずあります。たとえば「どの順番に」「どういう方法で仕事を進めるか?」といったことなどです。

 

 現在、仕事をしていて面白くないと感じている人は、以後はぜひ、自分で決められる範囲を増やす努力をしてみてください。

 自分で決めて、決めたことを実行し、結果がどうだったのかを確認する。その範囲が広がってくれば、おそらくやりがいを感じられるようになるはずです。


 

★本日の話をより詳しく知りたい方はこちら↓

『プロフェッショナルサラリーマン:「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術』

 

 


 

 ありがとうございました。