「お金さえあれば、自由になれる」は本当なのか? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 少し前まで、副業希望者にとっては「会社に副業がバレること」が、もっとも大きなリスクでした。

 けれど、それも今では解消されつつあります。

 名の知れた大手企業であっても、続々と副業を解禁し始めているこのご時世。企業自身も、副業を前提にしなければ、運営が難しくなってきています。

 

シニア人材にも“成果主義”

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68848810V00C21A2MM8000/

 

 ところで、サラリーマンの方が副業を行う上で、もっとも大きな障壁となるのが“時間”です。

 お金を稼ごうとすれば、基本的は自分の時間を使うことになります。けれども、時間は延ばすことも、繰り越すこともできません。ですから、「お金と時間をどうバランシングしていくか?」が、大事なポイントになってきます。

 

 お金と時間のバランスについては、4つのマトリクスで考えます。

 

《お金と時間のマトリクス》

 

1、お金も時間もある状態

2、お金はあるけど時間がない状態

3、時間はあるけどお金がない状態

4、お金も時間もない状態

 

 1番は、お金と時間の両方がある状態のこと。「余裕」があるということです。

 2番は、お金をたくさん稼いでいる代わりに、時間がない状態のこと。実は、世の中の「勝ち組」と呼ばれている人たちの多くが、この2番に属しています。

 3番は、いわゆる「ニート」のような状態のこと。4番は、世間で「貧困」と呼ばれているような状態のことをいいます。

 

 実際は、副業を志す人の多くが、1番の「時間もお金もある状態になりたい」と考えているのではないかと思います。

 なのに、どうしてその状態にたどり着けないのでしょうか?

 

 実のところ、ほとんどの人は「お金が増えれば、働く時間を減らすことができて、自由な時間も増える」と考えています。

 つまり、お金を増やすための行動を取ってはいますが、時間を増やすための行動を取っていません。だから、たどり着けないのです。

 

 一生懸命働けば、確かにお金は増えるかもしれません。でも、そのままでいては、支出も増えます。「頑張った自分へのご褒美」などという名目でお金を使ってしまえば、手元には何も残りません。

「これでは足りない」となれば、もっと頑張って稼いで、「これでやっと欲しいものが買える」というので、また使って…というのを繰り返すことになります。

 

 いかがでしょう。「頑張って稼ぐだけでは、時間は増えない」ということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

 世の中には、このように“時間貧乏”に陥っている勝ち組の人が、意外に多いのが実情です。

 

「だったら、どうすればいいのか?」というと、最初からお金と時間の両方を追いかける必要があります。大事なのは、労働時間を減らしながら、収入を増やす方法を模索する、ということです。

 

 これは、貯金の考え方にも通じています。

 貯金ができない人というのは、「収入を増やせば貯金ができる」と考えています。しかし、貯金ができる人というのは、収入を増やす努力と同時に、支出を減らす努力もしています。だから、お金が貯まります。

 

 残念ながら、お金を増やすだけでは時間は増えません。むしろ、お金が増えれば増えるほど、時間はなくなっていきます。

 労働を減らしながら、収入を増やす方法というのは、基本的には時間単価を上げる方法を考えることです。

 

 私が運営している副業オンラインアカデミーでは、副業を通じて「お金と時間の両方に余裕がある状態」を目指してカリキュラムを構成しています。

 ご興味のある方は、Zoomセミナーもご用意しておりますので、ぜひ参加をご検討いただければと思います。


 

【メルマガ読者特典あり】

★副業でお金と時間の両方を持てるようになりたい方はこちら↓

https://www.matano.asia/seminar/


 

 ありがとうございました。


 

★副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

http://the-sp.jp/