時間管理に必要なものとは? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 多くのサラリーマンの方にとって、「時間がない」というのが、悩みなのではないかと思います。

 そのための対策と言えば、たとえば「2つ3つのことを同時にする」こと。例を挙げると、私たちは「ご飯を食べながらテレビを観る」といったことをよくします。

 しかし、テレビに見入っている間は、ご飯の味がわからず、ご飯を味わって食べていたら、ドラマのクライマックスを見損ねた…なんてことになりがちです。

 他にも、たとえば便利グッズで解決しようとすれば、お金がかかるし、速読を勉強して読書量を増やそうとすれば、訓練が必要だったり…といった調子です。

 要は、私たち人間は、基本的に1度に1つのことしかできないわけです。

 

 まずは、事例をお話ししましょう。私のセミナー受講生の方のお話です。仮にその人を、Kさんとしておきましょう。

 Kさんは、サラリーマンだった頃、いつも時間がなくて悩んでいました。

 ある時、Kさんは知人が開いているセミナーに出席して、「時間がなくて寝る暇もない」という悩みを打ち明けます。

 話を聞いた知人は、「何に時間を使っているのか?」と聞き、「その用事をこなすのに何時間くらい必要なのか?」と尋ねました。

 話をもとに、知人がKさんの挙げた必要時間を全部、足してみたところ、なんと28時間にもなったということです。

 

 これは、典型的な“増やす発想”です。「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と言っては、自分を用事でいっぱいにしてしまいます。

 大事なのは、“減らす発想”です。では、どうしたらやることを減らすことができるのでしょうか?

 

 ここで、もう1つ事例を挙げましょう。芸能人にして事業家でもいらっしゃる西野亮廣(にしのあきひろ)さんの例です。

 西野さんは以前、ご自身のブログにこう書かれていました。

「昨日、スタッフから、『4日で書いた本が売れるなんて、ズルイ!』と言われたが、とんでもない。

『革命のファンファーレ』を4日で書けるようになるまでに、17年を費やした。

 考えて、覚悟を持って行動しまくった、本気の17年だ」(「魔法のコンパス」キングコング西野オフィシャルダイヤリー2017年10月7日より)。

 

 私は、これが答えなのではないかと考えています。つまり「減らすためには、一時的に増やす必要がある」ということです。

 

 ここまで読んで、「だったら、やることがたくさんあっても不思議ではないのでは?」と思われた方もいたかもしれません。しかし、ただ単に、やりたいことをあれこれと詰め込むだけでは意味がありません。

 そうではなくて、“やることに優劣を付ける”ことが大切です。とはいえ、どれを優先すべきで、どれが後でもいいのかがわかりませんよね?

 だから、一時的にやることを増やして、「こっちは先」「こっちは後でもいい」と仕分けをする必要があるのです。

 もちろん、状況によっても優先順位は変わってきますが、それができるようになるには、時間が必要です。

 

 最初の事例のKさんは、独立・起業してからすでに5年が経っています。現在は、仕事をこなしながら、普通に日常生活も送れています。

 時間について、Kさんはこのようにおっしゃっています。

残念ながら、1日24時間という枠は動かせません。だから、“今日”という時間枠の中に、どの用事を入れるか?が大切です。

 当然、毎日、予定は狂ってきますが、その場合は、『優先すべき用事はどれで、どれとどれを組み替えればいいか?』と考えます」と。

 

 今日のお話が、何かのヒントになれば幸いです。


 

 ありがとうございました。


 

★本日のお話を、より深くお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

『残業しないのに給料が上がる人がやめた33のコト』

https://www.amazon.co.jp/dp/4046539828/winwinproject-22