上司や目上の人から可愛がられるようになるコツとは? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 世の中には、上司との関係が上手くいかずに悩んでいる人が結構います。その一方で、上司に質問に行っても、煙たがられるどころか、かえって可愛がられている人がいるのも事実です。一体、この差はどこから生まれてくるのでしょうか?

 

 ここから先は、私の会社で代表取締役社長を務める間宮秀樹(まみやひでき)に代わりに語ってもらいましょう。間宮も、多くの経営者に可愛がられている1人です。ですから、そのコツをぜひ本人の口から語ってもらいましょう。


 

【成功者に可愛がられるコツとは】

 

 読者の皆さま、こんにちは。俣野の会社で、代表取締役社長を務めさせていただいております、間宮秀樹です。

 

 仕事をしている人の悩みが、尽きることはないでしょう。私自身は「1日悩んで答えが出ないものは、自分の中に答えはない」、と思うようにしています。もし、自分の中に答えはない、という結論に至った時は、上司である俣野や、本部の方々、先輩経営者の方々などに連絡するようにしています。

 

 このように書くと、「自分にはそんな相談をできる人がいない」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、少なくとも会社で働いている人であれば、“上司”という相談者がいるはずです。上司を利用して、全然構いません。

 

 確かに、経営者を含め、上司が忙しいのは事実です。したがって、「調べればすぐに分かるようなことを無闇に聞きに行かない」、というのは、最低限のエチケットとして大事です。忘れてはいけないのは、聞きに行くという行為は、同時に相手の時間を使う行為でもある、ということです。

 

 私が普段、他人に教えを請う際に、気をつけていることが4つあります。それは、

 

1、まずは自分で考えて行動し、上手くいかずに行き詰まった時のみ聞きに行く

2、話を聞く際、相手が話しやすいように意識する。目線、頷き、表情など

3、お礼は3回以上言う。その場、帰宅後のお礼メール、次回会った際の3回

4、教えてもらったことは必ず実行する

…の4つです。

 

 まずは「自分でできることは自分でする」、という姿勢が大事だと思います。デキる人の目はゴマかせません。私は「相手は経験上、こちらが今までどれくらい試行錯誤をしたのか、手は尽くしたのか、といったことはすべてお見通しだ」、という前提のもとに行動するようにしています。

 

★格言16:聞き上手は教えられ上手


 

【行動したいのにできないわけとは?】

 

 世間には、「行動しなければいけないと分かっているのに行動できない」、と嘆いている方が結構いらっしゃいます。思うに、人がすぐに行動できない理由は主に2つあって、1つは「即、行動する」習慣付けがされていないことです。

 

 以前、知り合いのトレーナーから聞いた話です。彼は「人は自分が思っている以上に、自分の身体を思い通りには動かせないものだ」、と言っていました。通常の生活の中で使わない筋肉を動かす時は特にそうで、知人がトレーニング指導を行なっていると、上手く身体を動かせないことに、ご本人もしばしば驚かれる、ということです。

 

 行動というのは、脳が命令すれば、すぐにその通りに身体が動く、というものではありません。なにごとも訓練が必要です。ということは、裏を返すと「即、行動する」ことも、習慣化すればいいわけです。

 

 では、行動できないもう1つの理由についてですが、結局のところ、人間は、どうしても必要なことか、楽しいことしかやらない生き物だからです。つまり行動できないのではなく、「必要ない」か「やりたくない」からやらない、ということです。

 

 以前、私はマネジメントに関することで、どうしても自分では解決策が見つからず、ある経営者の方に思い余ってメールしたことがあります。すると、すぐにその方から返事がきて、「今からランチに行くけど一緒にくる?」と書いてあったので、即「行きます」と返事をしました。私にとっては、その問題を解決することが、もっとも優先順位が高かったからです。

 

 その方は、普段はとても忙しい方なのですが、私も切羽詰まっていましたので、なりふり構ってはいられません。ですから遠慮なくランチをご一緒させていただき、そこで言われたことを、その日から即、実行に移しました。

 

 もし今、「行動できない」と悩んでいる方がいるのであれば、それは本当は、やる必要のないことなのかもしれません。やる必要のないことで悩むよりは、本当にやるべきことが何なのかを考えたほうが、新たな一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

 

★格言17:それは本当に今、やるべきことなのか?


 

※これ以外の項目や、間宮の社長奮闘記などは、有料メルマガ限定コンテンツとなります。メルマガは、月3回配信で、月額500円(税別)となっております。初月は無料でお読みいただけますので、よろしければこの機会にぜひお試しください。

 

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

https://www.mag2.com/m/0001673621.html

 

 

 ありがとうございました。