今、サラリーマンのあなたが持っている選択肢とは? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

よく、世間で「人には無限の可能性がある」と言いますが、それだと、あたかも何百通りもの道があるように聞こえませんか?しかし実際のところ、仕事に関して、サラリーマンの方が持っている選択肢とは、主に次の2つになります。

 

《仕事に関して、サラリーマンの方が持っている2つの選択肢》

 

【選択1】このまま、今の会社に居続ける

【選択2】他の世界に行く

 

「他の世界に行く」というのは、「転職する」「独立起業する」などを指します。いきなり2番を選択することは、リスクが大きすぎるでしょう。転職は、自分の経歴にプラスになるよう、慎重に行動することをオススメいたします。

 

巷で言う「無限の可能性」とは、横にズラッとたくさんの選択肢が並んでいるわけではなく、どちらかというと、1本の道の奥へ進むにつれて、それが2本、3本と枝分かれしていくようなイメージです。つまり、実質的には「1番しかない」、ということになります。

 

基本的には今、歩いている道をもっと奥まで進まないと、良い選択肢が出てこないことになりますが、逆に言うと、この道の先に次のチャンスがある、ということでもあります。

 

「今の会社に居続ける」と聞くと、どうしても「居続ける=居座る、しがみつく」という、ネガティブなイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、そこをぜひポジティブにお考えいただければと思います。

 

事例をお話ししましょう。私は、まだサラリーマンだった30歳の時に、会社からリストラ通知を手渡されました。「このままではマズイ」と感じた私は、一念発起し、社内ベンチャーを立ち上げました。そこでの経験をもとに、10年後に独立を果たしたわけですが、実はリストラ通知をもらって最初に考えたのは、転職でした。

 

実際に転職活動をしてみてわかったのは、「転職すれば給料が同等か、それ以下になる」という事実でした。厳しい現実を知った私は、「この会社で頑張るしかない」、と決意を新たにしたものです。これが「今の会社にポジティブに残る」ということです。

 

今の場所に残るのには明確な目的があって、それは「将来のために、働きながら自分に必要なものを手に入れよう」、という戦略です。たいていの方は、すでに今の仕事に習熟していると思いますので、通常の仕事を続けながら、ついでに「技術」「経験」「実績」等を習得してしまおう、ということです。会社に利益をもたらすことができるなら、それでも全然、構いません。

 

さて。「今いる場所で頑張る」と決めたあなたには、また2つの選択肢があります。それが、

 

《仕事で目指すべき2つの方向性》

 

【選択1】今いる会社で出世を目指す→管理職コース

【選択2】今いる会社で自分のスキルアップを目指す→技術職コース

・・・の2つです。

 

これは、どちらを選んでも構いませんが、1番を選んだ場合は、出世の階段を1歩1歩と上っていくことになります。他人を追い越して段差を飛び越えることは、基本的には難しいでしょう。もちろん、2番を選択して「自分のスキルアップを目指した結果、出世した」というのであれば、それに越したことはありません。

 

いかがでしょう。ご自身の採るべき道が、明確になりましたか?もし今、「このままでは、キャリアがだんだん先細りするのでは」「安心した老後が迎えられるのか」とお感じになっている方がいれば、ぜひ「ここで道を切り開く」と決意していただきたいと思います。

 

なお、「自分の市場価値を知る」という意味では、実際に「転職する・しない」に関わらず、転職活動をしてみるのも1つの方法です。ご参考まで。


 

ありがとうございました。


 

★サラリーマンのノウハウをお探しの方は、こちらをどうぞ!

『プロフェッショナルサラリーマン』

https://www.amazon.co.jp/dp/4094700064/winwinproject-22