どうして世間には、部下の手柄を横取りするマネジャーがいるのか? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

もし、あなたが「リーダーに必要な素質とは?」と聞かれたとしたら、どう答えるでしょうか?おそらく、たいていの人は「部下を引っ張る強力なリーダーシップ」と答えるのではないでしょうか。このリーダーシップは、しばしばカリスマ性と混同されることの多い資質です。

 

世界的な経営学者であるP・F・ドラッカー博士は、「リーダーシップは資質ではなく仕事である」、と述べています。「重要なのはカリスマ性ではない。ミッションである」、というのが博士の主張です。

 

ここでは、分かりやすくするために「リーダー=マネジャー」と仮定しましょう。リーダーシップと聞いて、一般に思い起こすのは「オレについてこい」的な、「背中で語るマネジメント」ではないでしょうか。しかし、これが本当の意味でのマネジメントでないことは明らかです。なぜなら背中で語るためには、「自らが現場の仕事をしている」ことが前提になっているからです。

 

部下が少ないうちは、それでもいいでしょうが、会社が大きくなり、人数も増えてくれば、両手にあまる日が必ずやってきます。だったら、どうすればいいのかと言うと、「背中ではなくお腹を見せる」ということです。これについて、もう少し説明を加えましょう。

 

先ほどドラッカー博士が「リーダーシップで重要なのはミッションである」と述べていたことをご紹介しました。普段、組織はあるべき理想に近づくために、日々、努力を重ねています。ですから、チームメイトは理想の実現を目指して未来の方向を向いています。

 

一方、マネジャーは組織やチームメイトを見ていますので、ちょうどみんなと向かい合わせになっています。これが「お腹を見せる」の意味です。もちろん、チームの向かっている方向が間違っていないかどうか、マネジャーも時々は未来を見ますが、メンバーと相対しているのが基本です。この「背中を見せるか」「お腹を見せるか」は、一見、それほど違いはないように感じられるかもしれませんが、実際は大きく異なります。

 

部下に自分の背中を見せている人は、要は部下と同じことをしているわけですから、部下とライバルの関係になる可能性があります。このタイプのマネジャーの中には、自分が上に立とうとして、部下の粗探しを始めてしまう人もいます。一方、お腹を見せているマネジャーは、部下を見るために向き合っていますから、自然に部下の長所や短所を把握し、彼らに相応しい仕事を渡すことが可能となります。

 

世間でよく聞く「部下の手柄を横取りしてしまうマネジャー」は、部下と同列に並んでいるからそうなってしまうのです。それに対して、お腹を見せているマネジャーは、部下を見ることが仕事のため、そのような行動に出ることはほとんどありません。

 

もともと、部下に手柄を立てさせることが、上司の本来の仕事です。部下が手柄を立てることで、彼らがより一層、仕事に前向きになったり、積極的になってくれれば、チーム全体が盛り上がり、良い結果に結びつきます。そしてそれが、マネジャーの成果となります。このように、上司と部下では仕事内容が異なります。そもそも、手柄は部下のものなのです。

 

ドラッカー博士は、「リーダーシップとは手段であり、それ自体は退屈で平凡なものである」と述べています。確かに、活躍するのは自分ではなくて部下なのですから、マネジャー職は華々しさに欠けるかもしれません。とはいえ、チームが達成することによって、喜びを分かち合うことはできます。

 

この文章をお読みになって、あなたが少しでもマネジメントに対する理解が深まれば、嬉しく思います。


 

ありがとうございました。


 

★本日の内容をより詳しくお知りになりたい方はこちら

『わりきりマネジメント』

https://www.amazon.co.jp/dp/459407328X/winwinproject-22


 

俣野成敏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ