ベネズエラでハイパーインフレが発生!次は日本なのか? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

現在、ハイパーインフレが起こっている中南米のベネズエラでは、間もなくデノミネーション(略してデノミ:通貨切り下げ)が行われる予定となっています。

 

ベネズエラでハイパーインフレ 8月20日に通貨を5ケタ切り下げ予定

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33427580W8A720C1EAF000/

 

国際通貨基金(IMF)の発表によると、今年のベネズエラの物価上昇率は、100万%にも上ると見られています。上記の記事に添付されている動画には、スーパーの棚が空っぽになっている様子や、不満を抱いた市民が反政府デモを行っている様子などが映っています。

 

ハイパーインフレと言えば、2008年に物価上昇率が5000億%にもなったアフリカのジンバブエが有名です。同国は翌年から自国通貨をやめて、米ドルや南アフリカ共和国のランドに切り替えました。37年間独裁制を敷いていた元ムガベ大統領は、昨年、軍のクーデターで失脚しています。

 

こうした経済の混乱は、日本にとっても対岸の火事ではありません。日経新聞の報道によれば、日本の借金の総額は2018年3月末時点で1087兆8130億円になり、2017年12月末の残高と比べて2兆593億円増と、着実に増えています。最近は、以前ほど日本のデフォルトについて噂されることが少なくなったとはいえ、脅威が消え去ったわけではありません。

 

私は現在、金融の専門家と共に一般社団法人日本IFP協会公認マネースクールを運営しています。先日、会員の方から「日本円が無価値になることは、本当にあるのでしょうか?」という質問を受けました。実際、日本円の価値がなくなる可能性があるのかどうかは、誰にもわかりません。「日本円には価値がある」と思っているのは私たち全員であり、上から強要することはできないからです。

 

たとえば、先ほどのジンバブエなどでは、独裁制であるのをいいことに、数々の一方的な政策が採られましたが、それでも経済が崩壊するのを食い止めることはできませんでした。同じく、人為的に経済を上向かせようとした日銀の金融緩和策も、上手くはいっていません。今では「政策をやめる際の反動を、少しでも小さくできないか」という調整局面に入っています。

 

最初の質問に答えると、「日本円は目下、お金として流通してはいるが、『このお金に価値はない』と思う人が増えれば、当然、信用は下がる」ということになります。

 

こうした状況の中で、私たちにできるのは「万一の時のために、準備しておくこと」です。一例を挙げるならば、「海外投資をする」「資産の一部を外貨で持つ」などといったことになるでしょう。「金融知識を身につける」ということも、もちろん対策の一つに含まれます。

 

実は、当マネースクールでは受講料35万円(税別)でお伝えしている講義内容を、有料メルマガにして一般読者にも公開しています。それが「俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編」です。1ヶ月ワンコインの価格(500円、税別)で登録初月は無料、月に3回配信しており、ここでは無料メルマガに書けないクローズドな情報も掲載しています。

 

★初月は無料でお試しいただけます。

「俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編」

https://www.mag2.com/m/0001673621.html


 

以後の日本は、少子高齢化で人口が確実に減少していきます。国のGDPが上がらない以上、税収も増えず、社会保障費なども削られることは目に見えています。そうなってから慌てることのないよう、今から行動をすることをオススメする次第です。その際に、当メルマガでお伝えしている内容がお役に立ちましたら幸いです。


 

ありがとうございました。


 

俣野成敏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース