上司に可愛がられる人は、そうでない人と何が違うのか? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

世間でコミュニケーションの大切さが叫ばれるようになってから、久しく経ちます。けれど巷を見てみるに、多くの人は「コミュニケーション=言い方」のことだと誤解しているように思えてなりません。

 

仕事上での人間関係について言うのであれば、接し方の良し悪しは大きな問題ではありません。もちろん、言い方がキツイよりは柔らかいほうがいいに決まっていますが、そもそも会社に行く目的とは「仕事を円滑に進めるため」であって、仲良くすることではないからです。

 

会社での重要な人間関係の一つに、上司との関係があります。これに悩んでいる人は少なくないでしょう。けれど先ほどお話した通り、仕事では「お互いが好きか嫌いか?」というのは関係ありません。問題があるとしたら、それは「相手から見放されてしまう」ことでしょう。なぜそれが問題なのかと言うと、要は「仕事でのチャンスが少なくなる」ことを意味するからです。

 

ここでは「上司から見放される場合」について考えてみたいと思いますが、それは一体どのような時なのでしょうか。これに関しては、あなたもぜひ、ご自分のこととして考えてみてください。思うに、それは「上司が部下からがっかりさせられた時」なのではないかと考えます。

 

たとえば上司の立場から見て、どういう時に部下に対して失望するのかと言うと、「自分で調べずに、簡単なことでもすぐ聞きにくる」とか、もしくは「同じことを何度も聞きにくる」ような時でしょう。

 

確かに「わからないまま仕事を進める」というのは危険なことですから、依頼された仕事の確認はするべきです。しかしそれとは別に、部下の中には「聞いたほうが速い」というので、何でもかんでも上司に聞きにくる人がいます。その人にとっては、調べる手間が省けて速いのかもしれませんが、それが上司の手間になってしまっては、元も子もありません。基本的に、「部下とは上司の仕事量を減らすために雇われている」という事実を、忘れないようにしたいものです。

 

上司に限らず、「相手の時間に配慮する」というのは大切なことです。特に相手に教えを乞う時は、「できるだけ短時間に」「聞きたい内容をはっきりさせておく」ことが、相手に対するリスペクトになります。逆に、相手に「この質問を聞くことには意味がある」と思わせることができれば、親身になって教えてくれるのではないでしょうか。1つ、事例をお話しましょう。

 

ある大手電機メーカーに勤めていた人の話です。その人は新人だった頃、仕事ができるけれどもちょっと怖い部長の下で働いたことがありました。その人が徹夜をして仕上げた企画書を持って行く度に、部長は必ずその人が悩んだポイントを見つけてはツッコミを入れてきたそうです。

 

同僚はみんな、その部長を恐れて近づこうとはしませんでしたが、その人は「なぜダメだったのか?」を部長に聞きに行きます。すると部長は怒りもせずに理由を話します。さらに気に入られて、料亭などにも連れて行ってもらうようになりました。部長に仕事の進め方を教わったその人は、今では独立して自分で事業をしています。

 

この事例の方が怖い上司に気に入られたのは、先に自分で極限まで課題を悩み抜いていたからです。おそらく部長もそれをわかっていたからこそ、仕事の仕方を教えてくれたのでしょう。このように、事前に調べたり考えたりすることによって、自ずと質問力が上がります。

 

このようにして洗練された質問ができるようになると、デキる人との距離が縮まります。そうなれば、そこには「思ってもみなかったチャンス」が待っているのです。


 

ありがとうございました。


 

★本日のお話をより詳しくお知りになりたい方にはこちら

『プロフェッショナルサラリーマン 実践Q&A編』

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4833420473/matano_hp-22


 

俣野成敏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース