俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

 

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

前回、「今いるところで仕事に打ち込んでみよう」というお話をしました。とはいえ、人は一度、習慣化してしまった仕事のスタイルを変えるのは難しいものです。そこで今回は、このテーマをもう少し深掘りしてみることにしましょう。

 

そもそも、「仕事に打ち込む」というのはどういうことかというと、「レッドゾーンまで行ってみること」です。簡単に言ってしまうと、自分が考えている自分の限界を超えることです。私はこれを「際を取りに行く」と呼んでいます。

 

多くの人は、自分で自分に限界を設け、「これ以上はムリだ」と考えています。けれどそれはたいてい、思い込みにすぎません。なぜ、そう思い込んでいるのかというと、人は自分の本当の限界を知るのが怖いからです。

 

自分の限界に挑むメリットは2つあり、それは

・自分の本当の限界がわかる

・新しいノウハウや経験が得られる

ことの2つです。

 

実際、私が見ている限り、ビジネスマンとしての成長余力のある人の多くが、自ら進んでレッドゾーンを取りに行っています。実はそうすることによって、自分のポテンシャルが上がり、仕事ができるキャパシティも広がる場合があります。もちろん、限界を取りに行くのは楽なことではありませんが、それによって体得できるものも大きくなります。

 

事例をお話しますと、私はサラリーマンの時に、社内ベンチャーに応募しました。それが採用され、メーカー企業内で流通小売業を立ち上げ、アウトレットショップをオープンしました。当初、親会社から出資を受けていましたが、ある時、親会社の許可が出る前に出店の話を進めたことがあります。

 

自分の立ち上げた会社とはいえ、本来であれば許可が出るのを待たなければいけない立場でした。しかし私は、「ここは攻めるべきだ」と確信していました。会社のトップでありながら、いちいち親会社に指示を仰いでいては、後々の取引にも支障が出ますし、万一、ここを逃すようなことがあれば、スタートアップもその分遅れる、と思ったのです。

 

結局、後で親会社の知るところとなり、大目玉を喰らいましたが、それでも私の判断に間違いはありませんでした。親会社の庇護の下で、何でもお伺いを立てて進めば、危険は少ないかもしれません。けれど、たとえ親会社を怒らせることになったとしても、この一件は自分の判断力と交渉力を試すよい機会となり、私にとっては経営者としてやっていく上での大きな自信となりました。

 

それでは、一般のサラリーマンの方が、どうやってレッドゾーンを取りに行けばいいのかというと、注目すべきは自分が今、行っている仕事の中の「数値化できる要素」です。

 

たとえば、あなたが営業マンなのであれば「訪問件数を増やす」「アプローチからクロージングまでのプロセスを短縮する」「テレアポを増やす」といったようなことです。もしくはノルマの100%達成を120%達成まで持っていく、というのでもいいでしょう。今現在の日常業務の中で、普段追いかけているノルマの数値を引き上げて、自分自身に負荷をかけます。

 

これを聞いて「何で、わざわざ自らに負荷を強いるのか?」と思う人もいるかもしれません。確かに、自分で自分にプレッシャーをかけることなど、世の中の人はほぼ行っていないでしょう。だからこそ、あえてやるのです。

 

そのような働き方をしていれば、周囲の見る目も変わってきます。上司から新しいチャンスを与えられたり、顧客が別の顧客を紹介してくれたりと、気づけば自分の見ている景色が、今までとは変わっているに違いありません。


 

ありがとうございました。


 

★本日の話をより詳しく知りたい方はこちら

『会社を辞めて後悔しない39の質問』

https://www.amazon.co.jp/dp/4413039912/winwinproject-22

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

俣野成敏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース