「ビットコインで稼いでも、どうせ国税にはわからない」はホントなの? | 俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

 


 

こんにちは。俣野成敏です。

 

やっぱり新年も、このニュースから始まりましたね。

 

ビットコイン長者 国税がリストアップ着手 

https://www.asahi.com/articles/ASKDP7G3JKDPPTIL03N.html

 

2017年の話題をさらった仮想通貨ですが、あまりの過熱ぶりに、国税も税金逃れに動き出しました。

 

仮想通貨は、現状では持っている人から譲ってもらうしかないのが実情です。つまり多くの人は、仮想通貨取引所を通じて購入することになるでしょうが、取引所は金融庁の許可制となっているため、やがて「国内の情報は国税に筒抜けになる」と思っておいたほうがいいでしょう。いずれにしても、仮想通貨を動かす際にはよく検討したほうが良さそうです。今年は、ますます今後の展開に目が離せなくなりそうですね。

 

さて。以前少しお伝えしたように、まもなく(2018年1月25日)新刊『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』が発売になります。本書の共著者は、暗号化技術のスペシャリストであり「リップルですら自らの技術で再現できる」という強者・坪井健氏です。氏は一般社団法人東京JPY発行所の代表理事であり、東京ゲートウェイ株式会社の取締役も務めていらっしゃいます。

 

今日は書籍の発売に先駆けて、本書の内容を少しご紹介したいと思います。

 

巷に出回っている仮想通貨の本と言えば、たいていは『仮想通貨で儲かる!○億円を稼げる!』というような投機的な内容か、もしくは『仮想通貨の仕組みについて』説明しているような、学術的な内容に終始しているものがほとんどです。

 

それに対して、本書は「値動きの激しい仮想通貨をどのように扱うべきか?」といった問題や「最新税金事情」「横行する仮想通貨詐欺を未然に防ぐ方法」など、可能な限り現実に即しつつ、かつ実用的な内容を盛り込んでいます。

 

これをお読みの方の中には、「仮想通貨を触ってみたいけど、どんなものなのか得体が知れない」と、興味はあっても恐れて近づけない人も多いのではないかと思います。本書では、仮想通貨のメリットと同時にデメリットも明示した上で、どのように付き合っていけばいいのかを丁寧に解説しています。

 

本書で取り扱っているトピックスとは、

 

・仮想通貨って電子マネーと何が違うの?

・これを知らずして仮想通貨は語れない?!代表的な仮想通貨「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」とは何か?

・ハッキングリスクを低くする方法とは

・今、世間を騒がせているハードフォークって何?

・国税庁より発表された「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」のポイントとは?

etc・・・です。

 

本書の執筆目的とは、「仮想通貨に取り組むか否か?」「始めるならいつか?」といったことに対する答えを、ご自身で判断できるだけの材料をご提供することにあります。よろしければ、ぜひお手に取ってみていただければと思います。

 

★好評発売中!

「トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」」

https://www.amazon.co.jp/dp/4532321735/winwinproject-22

 

★お金についての基礎知識はこちら

「トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」」

http://www.nikkeibook.com/book_detail/32032/


 

ありがとうございました。

 

俣野成敏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース