俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏です。

 

当メルマガでは「働き方改革」に注目し、これまでにも何度か記事にしてきました。現状、考えられている働き方改革の法案には、2つの大きな焦点があり、それが

 

(1)時間外労働の上限規制(月100時間未満)

(2)高度プロフェッショナル制度の導入

の2つです。

 

※働き方改革法案は、この9月の臨時国会で審議入りする予定でしたが、今回、安倍首相の衆院解散の意向を受け、政府は法案の見送りを決めています。

 

この2つは同じ「働き方改革法案」とはいえ、趣旨がまったく異なります。(1)は労働の価値を時間単価で計っているのに対して、(2)は時間に関係なく、仕事の成果をもとに報酬を決めようとするものです。

 

現在、物議を醸しているのが、(2)の「高度プロフェッショナル制度」のほうです。こちらはもともと、年収の高い専門職の人を対象に、労働時間の規制対象外とすることを目的とした制度です。「成果主義」を根付かせるための制度として注目される一方で、日本労働組合総連合会を中心に「この制度を悪用して、長時間労働を助長する可能性がある」として、削除を求める声も挙がっています。

 

感情的なことは抜きにして、現実的な話をするのであれば、仕事の価値を時間で測っている限り、自ずと給料には限界が設けられることになります。なぜなら、時間は1日24時間以上、絶対に増えないからです。

 

特に、日本はこれから少子高齢化によって、これから人口が確実に減っていきます。「生産人口が減る」ということは、単純にそれだけ日本の競争力が落ちることを意味します。今すぐできるかどうかは置いておいて、日本が生き残っていくためには、いずれは何らかの形で成果主義に移行していかざるをえないでしょう。

 

それでは、そうなることを見越した上で、現在の私たちが「今すぐ取りかかれること」に、何があるでしょうか?

 

私がオススメする方法の一つに、「比較をすること」が挙げられます。これは、職場を変える必要もなく、何か新しいことを覚える必要もありません。ただ、意識を向けるだけですぐにできることです。

 

私が店舗経営に携わるようになってから、かれこれ16年ほどになります。これまで、数多くの部下をマネジメントしてきましたが、私の経験上、部下が「できない社員からできるマネジャー」へと変化を遂げるのが、この「比較の目を持つ」ようになることです。

 

もっともわかりやすいのは数字でしょう。たとえばお店の数字や商品の売り上げ推移、他店との比較などをしていけば、そこには必ず「上がった要因」と「下がった要因」があります。これらが意味もなく変動することはありません。そこには必ず理由があるものです。それに気づいて、次の行動に活かせるようになれれば、多くのことに応用できるようになります。

 

たいてい、できない理由を他に求めている人は、比較をしていない人です。人はそもそも、何かと比較をしない限り、それが正しいのかどうかもわかりません。中には、数字という言葉に拒否反応を示す人もいるでしょう。しかし「予測が可能」だという点において、数字はもっとも客観的な判断基準の一つだと言えるのです。

 

以後はぜひ、あなたも

 

「比較」→「現状把握」→「仮説を立てる」→「行動」→「結果検証」

 

というサイクルを回せるように意識してみてください。これが、時給制から脱し、成果報酬型に移行するために、今すぐできることの一つではないでしょうか。


 

ありがとうございました。


 

★俣野成敏最新セミナー★

http://www.matano.asia/seminar/

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

俣野成敏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース