関東最後の秘湯

奥鬼怒温泉郷

其の七

つながるうさぎ

 

これぞ秘湯の温泉リゾート!!

滝見の混浴露天風♪ 編ラブ

 

 

 

 

これまでのお話はこちらぁ~sei

↓

奥鬼怒温泉郷③ 加仁湯 ☆ 内風呂とロマンの湯

秘湯宿? 緑あふれる高原のロッジ!八丁の湯

客室ロッヂ3号&内風呂 ☆ 奥鬼怒温泉郷・八丁の湯

秘湯に行列のできるヒマーリ カフェ ☆ 奥鬼怒温泉郷・八丁の湯

 

 

 

↓ ポチッと押してちょうだい~。

ぽち
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

いつも、いいね!、コメント、ブログ村応援ポチ♪
そしてたくさんのフォロー
どうも (人''▽`) ありがとう~~☆
それらすべてが、更新の励み♪活力剤!!
キラキラ

これからもどうぞよろしく、お願いいたしまぁ~すenashikaWハート
 
初めての方はこちらからどうぞ♪

 


 

 

 

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯

 

住所:栃木県日光市川俣876

TEL: 0288-96-0306

 

日帰り入浴 可

時間 9:00~15:00    

料金 800円

 

送迎付きランチ入浴パック(要事前予約)

大人(中学生以上)4000円 / 小学生以下2800円

 

 

 

 

 

 

まずは、女性専用露天風呂

 

まず最初に、前回のカフェルーム、

巨大鹿の謎が解けた!!( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

ネットで検索しただけだけどww。

もっと早くそうするべきだった(;´▽`A``。

 

このお方、名前をヘラジカと言います。

体調3mになる事もある、巨大生物!!ガーン

大き目の鹿とかいう、なまっちょろいレベルではなかった(爆)。

 

日本ではお目にかかれないので、

もちろん奥鬼怒にもいないww。

歩道歩いていて、偶然出くわす心配は無いのでご安心を!!

本気出すとヒグマにも勝っちゃう実力の持ち主らしいよ(爆)。

 

 

 

さて、はく製の謎が解けので、スッキリして露天風呂へ~チューラブラブ

 

 

赤暖簾の先は、女性専用の脱衣所。

途中のガラス窓から露天エリアが見えるお願いラブラブ

 

 

石段を下りると、脱衣所の手前に女性専用の露天風呂。

 

 

 

みどりの木々の中に、5~6人サイズかな。

女性専用と言っても、十分な広さお願い

 

 

1日目は、雨が降ったりやんだりだったので

おじゃる☆体感、40~41℃くらい

入りやすくてとても良い湯温だったのだけど。

 

翌日、雨が止んだら、結構な熱め(笑)。

熱いは、足元自然の石底でゴツゴツだわで

ちょっと苦労した(爆)。

 

 

内風呂と同じ、硫化水素臭漂う素敵なお湯!!

スベスベはさほど強くないけれど

湯量は豊富だし、自然のパワーが満ち満ちている。

 

森林浴しながらの源泉掛け流し

日ごろの疲れが溶けていくぅ~ww。

 

 

滝はばっちり正面に見えるので

混浴風呂に男性が多いときは

こちらでも全然OKな感じ♪

 

バスタオル巻いて、胸元や裾を気にしながら入るより

何も身に付けない方が、そりゃ開放的で気持ち良いもん(笑)。

 

 

こちらも、桶の並べ方が芸術的( *´艸`)。

 

 

 

 

混浴露天風呂(タオル巻きOK)、滝見の湯

 

混浴露天風呂へは脱衣所の中を通って、奥の出口から。

脱衣所は6畳くらいかな?

あまり広くはない。

 

 

脱衣籠は8個だったか?10個だったか?(;´▽`A``

貴重品ロッカーあり、100円リターン式。

ドライヤーあり。

脱水機あり。

 

混浴でバスタオル巻きOKの場合、

ビッチョビチョでタオルが重くなって大変なので

脱水機が設置してあるのは、ホント助かるヽ(^。^)ノ。

 

 

奥の赤暖簾の扉から恐る恐る覗いてみる。

キョロ(゚.゚*)(*゚.゚)キョロ

 

 

やった!٩(ˊᗜˋ*)و

誰もいなぁ~い♪

 

 

 

目の前には『滝見の湯』。

その名の通り、滝の全景が眺められるよ~~爆笑ラブラブ

 

 

しかも、メッチャ本格的で豪快な滝!

 

 

image

 

こんな滝を間近に眺めながらの露天風呂ってなかなかないよねぇ♪

 

使用源泉は、八丁の湯 第2.3.5号混合泉

内風呂は7号源泉だから、別なんだね!

 

もちろん、源泉掛け流し。

 

 

 

 

竹筒の湯口の奥に男性用脱衣所が見えている。

 

 

 

 

男性脱衣所の前に雪見の湯、ちと落ち着かないww。

 

 

 女性用脱衣所は、階段降りたから一階分低いのよね。

 

露天エリアには自然の緑の木々の中、

3つの混浴露天風呂が点在している。

 

一つ目がこの滝見の湯でしょ。

もう一つは、石段を上って・・。

 

 

 

 

高崎の湯都里とか、熊谷の花湯スパリゾートとか、

昨今のお洒落な日帰り温泉施設って

露天エリアが、庭園みたいで素敵じゃない?

 

ここは小さいけれどその元祖!!

って感じで、マジ大好きぃ~ヽ(^。^)ノ。

 

天然の滝が主役のあたり、

スケールはこちらの方がデカいがねww。

 

 

 

 

二つ目、雪見の湯

こちらは長方形の石風呂。

木々に遮られて、滝は見えにくい。

 

お湯そのものは、滝見の湯と同じ。

場所が男性脱衣所の目の前なので

なんとなく落ち着かないのが玉に瑕(笑)。

 

 

実際に入浴したのは、夕方旦那と入りに来た時。

その時も、無人で貸切状態、

すべての湯船をゆっくり堪能できたヽ(^。^)ノ。

 

 

 

最初、一人で来たときは、誰もいなかったので、

タオルではなく、浴衣を羽織って

この辺駆け回って撮影してた(笑)。

 

 

雪見の湯のさらに奥に、

三つ目の小さな露天風呂がある。

 

 

 

 

 

滝の真横に、石楠花の湯

 

滑り止めの敷かれた通路を進むと・・、

 

 

山際の階段を上って滝のすぐ脇に出る。

 

 

石楠花の湯

 

 

おお~~!!ヽ(^。^)ノ

めっちゃ滝近い(笑)。

 

 

 

岩肌を水が流れ落ちていく様を

まざまざと観察する事ができるww。

大迫力~~♪爆  笑

 

 

ここだけはチャンスがあったら先に入りたい!!

と思って、バスタオルも持ってきたのだが(笑)。

 

 
浴衣を脱ぎ捨て、
バスタオルも手すりに掛けて。
(雑!!)
 
湯浴み~~~チュー音譜

 

 

ひゃぁ~~!!

湯船が他と比べて小ぶりなので

ちょいと熱めで気持ちが良い~。

+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

そしてここ、高さもあるから景色も最高!

誰もいないのをいいことに写真撮りまくりww。

 

 

3~4人は入れそうだけど、

先客さんがいたら、ご一緒するのは気が引けるので

実質、貸切風呂っぽいww。

 

 

 

 

石楠花の湯、丸見えの件(爆)

 

画像もゲットして、石楠花の湯にも入れて

ルンルンラブラブで、旦那が待つ

カフェルームに戻って、ギョッとする!!ガーン

 

 

和室からの一枚の絵画のような景色が・・。

 

 

 
石楠花の湯!
オンリーーーーー!Σ( ̄□ ̄|||)

 

 
緑の葉が茂って、滝さえもよく見えない真ん中に
スポットライトが当たったように、石楠花の湯!!
まるでディスコのお立ち台!?(古っっっ!!)
 
メッチャ良く見えるやぁ~~ん。。。笑い泣き
 
 
ねぇ、誰か来た!?滝汗
 
誰も来ないよ。
 
ε-(´∀`*)ホッ
 
 
露天に誰もいなくても、カフェルームから丸見え。
お立ち台で踊るのはやめましょう(爆)。
 
 

 

 

ちなみに混浴露天風呂エリア。

夜は女性専用時間になります。

 

時間は基本21時から22時。

この日はなぜか、20時半から21時半

 

滝がライトアップされて綺麗!!

おかげで夜も明るくて、快適に入浴できます(^_^)v。

 

でも、滝のライトアップが消えたら

真っ暗で怖いなぁ~~(((;゚Д゚)))ブルブル。

と思ったら、夜中もず~~っと点いているんだって!!

 

わぉ~♪優しいキラキラキラキラキラキラ

 

 

ちなみに女性時間にももちろん入浴したけれど

他にいらしたのはお一人だけ。

しかも5分ほどで帰られちゃったし・・(T▽T;)。

 

みんないつ温泉入ってるんだろう?

うちは、5回は入ったぞ~~(爆)。

 

 

 

 

次回は、美味しいお夕飯ね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

 

フォローはお気軽に音譜

もれなく!! 更新情報が届きまぁ~す とびだすうさぎ2ラブラブ

下矢印