足利に新しい温泉がOPENしたよ~~~ヽ(^。^)ノ。

 

温泉王国、群馬・栃木にまたがりながら、

なぜか悲しき温泉不毛地帯の両毛地区。

(主に、桐生市・太田市・館林市・足利市・佐野市)

 

ホント、温泉少ないのよねぇ~(T▽T;) 。

同じ群馬でも、渋川や高崎とはえらい違いやぁ~~!!

 

その両毛仲間の足利市に、待望の温泉施設がOPEN!!

しかもしかも!温泉施設と言っても、

大型のスーパー銭湯ではないんやでぇ~!!

 

なんとなんと、

加温なし、加水なし、循環なし、消毒なし!!

100%源泉かけ流しだぁ~~ヽ(^。^)ノ。

 

 

 

 

いつも、いいね!、コメント、ブログ村応援ポチ♪
そしてたくさんのフォロー
どうも (人''▽`) ありがとう~~☆
それらすべてが、更新の励み♪活力剤!!
キラキラ
これからもどうぞよろしく、お願いいたしまぁ~すenashikaWハート
 
初めての方はこちらからどうぞ♪

 

 

 

 

↓ 押してくれると泣いて喜ぶ~。

+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ


 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

足利市名草上町に湧いた小さな温泉

 

足利市名草上町にある足利温泉が、

温泉販売を始めたのは今からちょうど1年前の2019年1月。

 

足利温泉というと、大きな健康ランド的施設を想像しちゃうけど

そうじゃなくって、山の中に新しく湧いた温泉らしい。

 

温泉スタンドでの販売から始めて、

この1年の間に、自宅配送、足湯カフェと、

着々と準備を進めてきた!!

 

そしてついに、この年末12月、

待ちに待った湯舟が完成!!

その場での温泉入浴が可能となったのであります~ヽ(^。^)ノ。

 

 

 

 

埼北温泉愛好会の新年会に飛び入り参加

 

 

その情報を、開業当初より

おじゃる☆に教えてくれていた方がいた。

埼北温泉愛好会のONKEN21さん

 

日頃から事あるごとに、ふらりとコメント欄に現れては

貴重な温泉情報をおじゃる☆に教えて下さるありがたいお方♪

利根川温泉掲示板という、

超~~マニアックな詳しい温泉情報交換の

掲示板を運営していらっしゃる。

 

 

そのONKEN21さんが、足利温泉で開催される

埼北温泉愛好会の新年会にお誘いくださった。

これまでにも何度も温泉オフ会にお声がけいただいていたのだが

これまでは全部お断りしてきたの。

 

だってほら、おじゃる☆、シャイじゃん(*´σー`)エヘヘ。

でも、今回はONKEN21さんの粘り勝ち(爆)。

熱烈なラブコールに根負けしたわ!!ヾ(。`Д´。)ノ

 

あ、ラブコールと言っても、まったく下心なしの

まっすぐ温泉に向けた愛情よ(笑)。

それがわかるから参加させていただくことにした。

 

下心見え見えのお誘いは絶対に受けませんww。

それに女性もいらっしゃるとの事で安心できたし(笑)。

 

それでも、表向きはいったんお断りして。

当日飛込でも大丈夫との事だったので、

ちょっとだけお邪魔しようと出かけていったわけよ!

 

 

 

ナビの指示通りに行ったら、40分ほどで着いた。

すでにグーグルマップに「足利温泉」で登録されているのね。

 

時間的には早かったのだけれど、

なんかものすごい山道通されて、

本当にここで良いのぉ~~~!?(((;゚Д゚)))ブルブル

 

おじゃる☆、ここに来ること誰にも言ってないけど

このまま遭難して行方不明になっても

誰も気づいてくれないんじゃなぁ~い!?

って、ビビった(爆)。

 

桐生方面からの近道みたいで、

普通に足利IC方面からアクセスすれば

こんな峠道は通らないだろう。

でも、近いので帰りもまたその道で帰った。

ビビりながら(爆)。

 

 

 

普通はこちらから(笑)。

北関東道の足利ICから県道218号で約7km、

10分も走ればこの旗が出迎えてくれる。

左折して脇道に入る。

 

右端に見えているのが、県道だ。

おじゃる☆が来たのはこの奥から(笑)。

 

 

 

舗装されていない山道を100mほど走ると、

大きな門と足湯ののぼり旗。

 

 

足利温泉の入り口到着(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

初めましての温泉オフ会

 

 

広い駐車場に車がいっぱい!

こちらが受付棟になっている。

 

 

足利温泉

http://2000y.biz/index.html

 

住所: 栃木県足利市名草上町2715

TEL: 0284-64-0964

 

営業日 金曜日・日曜日・祝日

営業時間 10時~16時(受付終了)

 

 

 

 

ドキドキドキドキ滝汗

 

軽い気持ちで来ちゃったけど、

一旦はお断りしているし、

ONKEN21さん以外は知らない人ばっかりだし・・。

 

いやいやいや!!

良く考えたら、ONKEN21さんとも初対面だわ!

ひぇ~~、やっぱりやめとけば良かったかなぁ~~あせる

 

ガラガラとドアを開けて、おずおずと名乗ってみる。

おじゃる☆です・・・。滝汗

 

 

ひゃぁ~~、歓迎してもらえたぁ~~音譜

邪険にされなくて良かったよう(爆)。

全部で15名くらい参加者がいらしたみたい。

みなさん、良い人だぁ~ヽ(^。^)ノ。

 

そうだ、温泉好きに悪い人はいないのだ(笑)。

 

 

女性の参加者もお二人。

温泉という共通の話題があるからすぐ打ち解ける(笑)。

しかもお一人は、昔から存じ上げている温泉ライターさん!!

お二人と一緒に温泉入れて、超楽しかった音譜

 

 

 

受付棟には、暖炉もある。

温泉パンも焼けている。

温泉卵は1個100円。

 

他にも、温泉珈琲、温泉紅茶、温泉ミントティー、

みんな250円(税込)とリーズナブル。

 

 

おじゃる☆のいただいた、温泉ミントティー♪

 

 

足湯カフェは温泉珈琲付きで800円。

足湯だけでなく、手湯も同時に楽しめる。

大きな足湯にみんなで足を突っ込むのではなくてね、

一人一人専用の小さな足湯、手湯で贅沢な感じ!

 

 

 

 

 

世にも珍しいテント温泉(笑)

 

ではいよいよ、温泉へ!!

これが、ちょっと変わっているよ~(笑)。

 

見て驚け!!!ニヒヒ

 

 

これ音譜ウシシ

 

小さなテントが三つ、浴室です(爆)。

 

写ってないけど、テントは全部で4つ。

それぞれ中に浴槽が備え付けられている。

木製湯舟が三つと、ステンレスの浴槽が一つ。

 

1時間ごとの貸切制のシステム。

テントごとに温泉量が微妙に異なり、料金も変わる。

 

今回は、埼北温泉愛好会として貸切なので

リーズナブルな参加費で

複数の温泉を利用することができるのだ音譜

ありがとうございまぁ~す!!

 

 

まずは、一番右端のこのテント温泉。

一つ困るのが脱衣所が無い事(爆)。

テント前のパイプ椅子と篭で、ここでどうぞと言われても

女性はそうもいかないので、テント内で脱ぎ脱ぎする事になる・・。

 

 

 

テント内、檜かな?

素敵な木の香り~~音譜

 

床まで美しい木材なのだが、

出来が良すぎて、お湯が下に漏れないのよ(;´▽`A``。

 

 

お湯がたまっているので、服が濡れて着替えが大変。

できれば簀子1枚敷いて欲しい。

その辺はこれからの課題でしょうww。

 

とちあえず、ぬれても良い服装、

脱ぎ着のしやすい服で行きましょうあせる

 

 

 

そして湯舟!!

 

ステンレス以外はすべてこの400Lサイズの木製湯舟。

黄色味がかった透明なお湯が満たされている。

 

湯口はないのだ!

なぜなら、1時間ごとの完全入れ替え制。

常にスタッフの方々が、お湯の入れ替えに奮闘しておられた。

 

この辺ではあまり見かけない方式だが

九州地方には、多いのだとか?

 

 

足の指が短いのは、お湯の中だから!ヾ(。`Д´。)ノ

 

ぬるすべ感のある柔らかいお湯だぁ♪

香りは特にない、というか檜の香りが強め(笑)。

サイズ的には、お二人様用かな。

 

女性陣お二人が先に入っていらしたので少し冷めて

40℃弱くらいのとても気持ち良い湯温だった。

 

 

入浴目線でテント内を観察(笑)。

なんとも摩訶不思議ラブラブ

 

 

 

傍らのこの青いポリ容器は、冷ました源泉。

最初分からず、掛け湯かしら?

と足にかけて、冷たさにビックリ!!(笑)

 

本来は入浴用らしい。

お湯を張り替えていたスタッフのおじさんに

「入らなかったんかい?

温泉研究会のわりにまだまだだな」と言われたけど。

 

おじゃる☆、部外者の飛び入り参加やし(爆)。

ここにおじゃる☆が入ってしまったら

全部こぼれてしまって、後から入ったら何もなぁーい!

って事になっちゃうじゃないか!ヾ(。`Д´。)ノ

 

飛び入りの部外者の分際で

そんな申し訳ない事はできんばい(爆)。

 

こちらのテントは、熱湯400L+冷泉100Lで1時間2500円。

 

 

 

 

小さめステンレス浴槽はお得♪

 

一休みしてから、今度は左端、緑の小さなテントへ。

こちらはステンレスの浴槽があるのだよ( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

 

女性陣三人で先に入らせていただいた。

 

 

 

でも小さいので交代でww。

 

 

 

このステンレスのお風呂が最初に設置されたらしい。

少しだけ床板に使い込んだ跡がみれるww。

 

 

木製湯舟より少し小さく250Lで1時間1000円。

冬は冷泉槽は要らないので、

おじゃる☆はこれで充分だな(笑)。

 

 

今度は一番風呂だったので、けっこう熱め。

ぬるすべは変わらず、キリっとして良いお湯だ。

 

どのテントもシャワーやせっけん類はないので

温泉そのものを堪能する、浸かるだけの施設となります。

 

 

 

 

源泉名は足利温泉、単純温泉

 

源泉名は足利温泉。

泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)。

 

 

 

4つのテントの1時間利用料金はこちらダウン

 

 

一人料金でなく、一つのお風呂の貸切料金なので

2~3人で行けば割安。

 

 

 

 

温泉販売の料金はこちら。

250L以上の購入者は浴槽を1時間貸し出すって???

 

 

営業は、金曜と日曜・祝日。

通常土曜は営業しないのでご注意を!

OPEN時間は、その日によって9時だったり10時だったり、11時だったり?

Twitterをご確認のうえおでかけくださいねぇ~♪

 

 

埼北温泉愛好会のみなさま、ONKEN21さん、

楽しい時間と貴重な体験をありがとうございました!!

また機会がありましたら、

ぜひよろしくお願いいたしまぁ~すちゅー音譜

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村