祝!温泉おんせんジャンル復活!ヽ(^。^)ノ

 

いやぁ、温泉ジャンルがなくなってから苦節1年?

最終的になくなったのっていつだっけ?(笑)

 

おじゃる☆、間違えてみなさまより一足お先、

昨年の5月に、温泉を抜けて

戻れなくなってしまったのでわからないのよ滝汗

 

でも、また温泉好きな皆様とご一緒できるの、嬉しい!!爆笑Wハート

どうぞよろしくお願いいたしますねぇ~♪

公式ジャンルのUP変更方法がわからないという方は

こちらに詳しく記載したので参考にしてくださいまし(^_-)-☆

 

さて、それにしてもこの年の瀬、押し迫ってのタイミング。

困ったわね(爆)。

 

だって、今日を含めてあと4日。

すでに、年内にUPするブログ内容は、

綿密に考えて!考えて!!

考え抜いて決めていたというのにぃ!ヽ(`Д´)ノ ←本当か?(爆)

 

でも、『温泉・国内旅行ジャンル』記念すべき復活の1日目。

そりゃ、温泉めぐり記事を書くしかないでしょ~( *´艸`)ぷぷぷ。

 

年内にUP予定だった4つの記事、どうするか?

まぁ、お正月にUPすれば良いだけの話か?

 

2018年温泉総決算を?(爆)

おじゃる☆らしくてそれも良いか( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

というわけで、急遽UPいたします。

先日予告編だけUPした、今年の〆湯!!

草津は遠いからちょっとだけ近場。

 

本当は白濁硫黄泉が恋しかったけれど

やっぱり最後は群馬でしょ!!ヽ(`Д´)ノ

と向かったのは、草津の仕上げ湯、沢渡温泉♪

 

別にこもちのイチゴが目的だったわけでは・・・あるか(*´∀`*)エヘッ♪

 

 

途中、和光庵さんで腹ごしらえ。

 

 

和光庵

 

住所 群馬県吾妻郡中之条町折田419-1

TEL 0279-26-3145

営業時間 11:30~15:00  木曜定休

 

 

和光庵さんは、以前四万温泉に向かう途中に立ち寄ったことのあるお店。

https://ameblo.jp/naruru8854/entry-11366838376.html

2012年だからもう6年も前の話ね(;^_^A。

わざわざハルナ温泉に行ったら、

休業(廃業?)していたって、チーンチーンなくだりで(爆)。

 

あの頃はまだ若かった。

お蕎麦の味がわからなかったおじゃる☆。

(今もわかるとは言い難いww)

「普通に美味しい」なんて偉そうに書いていたけど

今にして思うと、どこぞの年配ご夫婦の絶賛ぶりが少しわかるww。

 

近くには食べログ、めちゃ高評価のお蕎麦屋さんがあり、

その陰に隠れているが、おじゃる☆好みの美味しいお蕎麦である♪

そして、陰に隠れているおかげで、過剰に混まないのがまた良い!( *´艸`)

 

 

この日も、滞在時間3~40分の間に

(混雑しないので提供時間も早い♪)

3~4組と、程よい客入り。

 

 

地元の年配ご夫婦と、都会から四万への常連客さま、そしてもう一組ご夫婦づれ。

テーブル席が4卓(たぶん)と小上がりに2卓の、小ぢんまりとした店である。

 

 

 

メニューはそれほど多くはない。

 

 

蕎麦の他うどんも選べる。

旦那が「俺は相盛りが食べたい!」と。

メニューにないのにわがままを言う男だ。

 

注文を取りに来た女将さん(おじゃる☆たちよりはずっとお若い)に、

それを伝えると嫌な顔もせず受けてくださった。

料金は650円か700円か?

確認するのを忘れた(;^_^A。

 

おじゃる☆はとろろそば。

辛味おろし蕎麦がおすすめらしく

写真が店内あちこちに貼られている。

 

前回それを頼んだら、本当にびっくりするくらい辛くって(爆)

大根はすべて旦那の皿に移す始末。

なんのためにわざわざそれを注文したのやら・・(;^_^A。

 

おじゃる☆は学習する女だ。

学習はしてもすぐ忘れるがww。

あの辛さは忘れない。

 

だから今回はとろろにしてみた。

こちらは大正解!!

 

 

いや、辛味大根も辛いもの好きな人にとっては大正解であろう。

そして前回旦那は涼しい顔をして完食していたが、

実は辛いものは苦手である(爆)。

 

 

 

とろろも辛味大根と同様に、山菜やホウレン草、素揚げされた茄子。

おじゃる☆はこういう、野菜がトッピングされたぶっかけ蕎麦が大好き!!

細目でコシがあり、するするとのど越しの良い蕎麦である。

 

 

どう食べるのかを迷って、

別添えのとろろとうずらの卵、ネギを乗せ、さらに汁も回しかけた。

 

レンゲもついてたいので、多分この食べ方で正解なのだろうが

とろろがツルツルヌルヌルとあちこちに逃げて食べづらく(笑)

仕方ないので、とろろを器に回収。

残っていた汁を混ぜて、そこに蕎麦をつけながら食べた。

 

やはりこの方がとろろと蕎麦が絡んで美味しく食べられる(笑)。

メッチャ、美味んまぁ~~~い!!ヽ(^。^)ノ

小鉢にもやしのナムルも付いていたのを書き添えておこう。

 

 

蕎麦湯とともに、食後には珈琲のサービスもある。

これで850円。

 

前回は750円だったが、

6年は蕎麦を100円値上げさせる年月なのである(笑)。

 

次回から、四万方面に向かうときのお蕎麦は、いつもここで良い( *´艸`)。

 

 

そして次回はミニ丼も食べたいのである!!

かき揚げ丼かなぁ~(*´▽`*)。

 

 

 

 

店内に貼ってあったポスター。

 

この先、目の前の国道353を北上、

四万温泉と沢渡温泉の分岐点まで車で3分。

そこから県道55号で沢渡温泉までは10分ほどだ。

 

 

 

三連休最終日。

連休の影響をまったく受けない静かな温泉街、沢渡温泉滝汗

こんなにガラガラで良いのかぁ~!?

だいぶ心配になる・・。

 

 

柔らかな泉質が、

強烈な酸性泉の草津で傷ついた肌を治すのに良いとされ、

草津の仕上げ湯、一浴玉の肌と謳われる名湯なのである。

 

その泉質の効果は世に認められ

温泉を取り入れたリハビリテーション病院には

県内のみならず国内各地から患者がやってくる。

 

 

十軒ほどの昔ながらの小さな温泉旅館が立ち並ぶだけで

華やかな温泉街があるわけではないけれど

 

 

郷愁誘うレトロな顔出しパネルや

 

 

世にも珍しい、味のある木彫りのバス停!!

 

 

これ、メッチャツボww。

 

 

 

2018年の〆湯はここに決めた!(^_-)-☆

 

 

次回は、沢渡温泉 三喜屋旅館さんで立ち寄り湯(^_-)-☆

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね