酸ヶ湯で日帰り入浴 ☆ 玉の湯

2018 北東北秘湯めぐり 其の二十六

 

其の二十一 『星空観察』と『森の学校』 ☆ 奥入瀬渓流ホテル

其の二十二 奥入瀬渓流散策 ☆ 石ヶ戸~雲井の滝

其の二十三 蔦温泉旅館で日帰り入浴 ☆ 久安の湯

其の二十四 蔦温泉旅館 ☆ 泉響の湯と楓の間

其の二十五 酸ヶ湯温泉 ☆ 混浴・ヒバ千人風呂

 

 

 

八甲田山の酸ヶ湯では10月30日に初冠雪

5cmの積雪があり、すでに雪景色雪だるまとなっているそうですよ。

アメダス地点として、日本全国一位の積雪記録を持つ酸ヶ湯。

冬の積雪は1mを超えるそうですが、

それでも通年営業を貫くってすごいよねぇ(笑)。

 

でも・・。

凍える寒さの屋外に、しんしんと雪が降り続く中

もうもうとした湯けむりに包まれて

ゆっくり浸かる熱々硫黄泉おんせん、最高だろうなぁ~♪ヽ(^。^)ノ

想像しただけでよだれ出る(爆)。

 

でもこれは2ヶ月前、まだ緑豊かな景観の頃のお話しポイント(笑)。

 

 

酸ヶ湯(すかゆ)温泉旅館

https://www.sukayu.jp/index.php

 

住所: 青森県青森市荒川字南荒川山国有林小字酸湯沢50

TEL: 017-738-6400

 

日帰り入浴  可

・大浴場 ヒバ千人風呂(混浴) 7:00~18:00(8:00~9:00 女性専用時間)

・小浴場 玉の湯(男女別)  9:00~17:00

 

料金 

千人風呂・玉の湯 いずれか1ヶ所 600円

共通券 千人風呂・玉の湯 両方 + 貸しタオル 1000円

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッとな(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

酸ヶ湯温泉旅館の後編ね。(=゚ω゚)ノ

 

 

総ヒバ造り160畳の広さの『ヒバ千人風呂』おんせんに後ろ髪を引かれつつ、

向かうはもう一つの浴室、玉の湯トコトコ

 

 

千人風呂暖簾前を、右手、ロッカーの奥方向に進む。

ちなみに玉の湯は、男湯のれん・男と女湯のれん・女別の場所にあり

男湯はロビーを左に進んだ1階にあるのでお間違えなくポイントww。

 

 

案内板に従って廊下突き当りを右に曲がる。トコトコ

 

 

あら、予想を裏切る綺麗な階段Wハートがありましたww。

 

 

が!!!

登り切ったら、そこは期待通りのレトロな世界!enashikaWハート

 

 

わぁ!ヽ(^。^)ノ

この案内表示、メッチャ昭和30年代?(爆)

 

やっぱり共通入浴券おんせんにして良かったなぁ♪

千人風呂だけだったら、こんな奥まで来られなかったもん♪

古い建物だと、館内を見て歩くだけでも楽しいよね(#^^#)。

 

今度は左に進みます。トコトコ

 

 

これまた古い造りだけど、

廊下はピカピカキラキラに磨き上げられている。

良いなぁ、この雰囲気♪ヽ(^。^)ノ

この棟は湯治部屋かなぁ?

 

 

夜8時以降はお静かに。

 

おじゃる☆最初は酸ヶ湯予約してたんだわ♪sei

悩みに悩んで、唯一トイレのついていたリニューアルした湯治部屋。

ここは古そうだから、きっと別の棟だわねまったり

 

 

お部屋番号二十七番(笑)。

 

なんて、勝手に想像していたら、

なんとここは旅館部の(イ)棟!!

 

一番立派で、趣があって良いわぁ~~(#^^#)。

これで、トイレさえついていればなぁ~~(笑)、

と宿泊を悩んだお部屋なのでした(笑)。

 

 

さらに突き当りを右に曲がって、玉の湯!おんせん

左側にも右側にも、流し台がある。

宿泊客多いから、これくらいないと足らないのかなww。

 

 

扉が美味しそうな良い色してるわ、おトイレ!!男女

 

 

あぁ、蔦温泉の旧館のトイレがとてもステキWハートって

ROCK旅猫★さんが教えてくださったの(^_-)-☆

きっとここも素敵だったに違いない!(笑)

見てくればよかったかなぁ~?

 

 

玉の湯おんせんのれん・女

こちらも撮影禁止撮影禁止泣くゆえ、画像は公式サイトより。

 

http://www.sukayu.jp/bigbath.php

 

千人風呂とは別源泉だけど、

白濁酸性の硫黄泉であることは一緒♪爆笑

大浴場と比べると小ぢんまりに感じる。

でも、通常ならこれだけでも十分の広さだわww。

 

こちらはシャワー付きのカランもあるので、

体も洗えるし、シャンプーもできる♪

 

混浴が苦手という方は、こちらだけでもきっと満足できる♪

まぁ、そうは言っても、できれば千人風呂を

ちょっとだけでも体験してほしいけどね(笑)。

 

 

千人風呂に長居しすぎたのと、

玉の湯が最奥でけっこう遠いのとで(笑)

ゆっくりしている時間はなかったわww。

急いでロビーに戻ったら、もう旦那出て待っていた。

 

 

酸ヶ湯、標高925mに湧く温泉。

昭和29年に国民保養温泉地、第一号に指定されている。

この時一緒に指定されたのは、

わが群馬から「世のちり洗う四万温泉おんせんと(笑)、

お隣、栃木県の日光湯元温泉おんせん!!

 

四万と日光湯元はあまりに身近すぎて

いまいち有難さを感じていなかったけど

酸ヶ湯と一緒と思うと、なんか凄いねバンザイ(爆)。

 

 

あぁ、酸ヶ湯入れて本当に良かった(#^^#)。

これで八甲田周辺に思い残すことはないww。

とりあえず今回はね(笑)。

絶対また来るし!!

 

さて、それでは今宵の宿に向けて日本海側まで120km。

寄り道しながら素敵ドライブ車を楽しみましょう~(^_-)-☆

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね