2018 北東北秘湯めぐり おんせん 其の十三

 

其の四 藤七温泉・彩雲荘 ☆ 八幡平で絶景混浴露天風呂

其の五 藤七温泉 彩雲荘 ☆ お山のランチバイキング

其の六 八幡平・大深温泉 ☆ オンドル小屋体験

其の七 八幡平・大深温泉 ☆ 癒される木造湯小屋

其の八 蒸ノ湯温泉 ふけの湯 ☆ 宿泊記1

其の九 ふけの湯 ☆ 名物野天風呂(女湯・男湯・混浴)

其の十 ふけの湯 ☆ お夕飯【蒸ノ湯式薬膳】

其の十一 ふけの湯Last ☆ 朝食と内風呂、、と湯あみ着(笑)

其の十二 まさかの後生掛温泉 & 本場きりたんぽ

 

 

 

東北湯めぐり旅二日目

清掃時間で後生掛にフラれ(笑)

ガス欠の危機で玉川にも行けず(;^_^A。

 

予定ではこのまま十和田湖へ向けて一直線!

十和田湖はすぐそこだけど、

なんかもうちょっと秋田の温泉入りたい!!

 

道の駅で運転手はおじゃる☆に交代。

旦那は助手席ですでにグースカ寝ているしww、

よしっ!

時間がないからと諦めていた、あの温泉!

行ってみるかぁ~~♪ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッとな(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

行けないと思っていたから詳しくは調べてなかった。

わかっているのは大まかな場所だけ。

 

大まかな場所かしかわからなくても

グーグルマップに名前を入れるとピンポイントで案内してくれる。

グーグルマップ、神!!(爆)

 

データが古くて最近のスポットも新しい道路も

なにも表示されないうちのナビ子より、断然使える(^_-)-☆

 

 

道の駅から直接十和田湖に向かう(赤い経路)と所要時間60分。

遠回りしてビニールハウス温泉に寄っても(青い経路)1時間30分。

ほら、30分しか違わないじゃん!!(^_^)v

 

大丈夫、大丈夫(^_-)-☆

(まぁ、結果的にはあんまり大丈夫じゃなかったんだけどね(爆))

 

 

そんなわけで、国道からはなんの看板を曲がるのかも

なにも知らなくて、なにも考えなくても

iPhoneのグーグル先生に道案内されて

ここまでは易々とやって来られた。

 

 

地図の指し示す場所からして、たぶんアレだな。

 

山に囲まれた畑の中にポツン。

大勢の温泉好きさんのブログで度々拝見した

見覚えのある白いビニールハウス(笑)。

 

でも・・・・。

 

あそこへと続く道が、どこにもなぁーーーい!!

( ノД`)シクシク…

 

結局、近所の民家のお庭にいたおじいちゃんとか

通りがかった配達の軽トラのお兄ちゃんとか、

みなさまのご協力のもと、なんとかたどり着いたww。

 

 

駐車場あったww。

(ビニールハウス前の人影は旦那ww)

 

 

ちなみに図解するとこんな感じww。

国道方面からナビに従って左折すると

すぐに小さな橋がある。

渡ってすぐ、右に入る獣道のような道。

 

「これ車通れるの!?」

通れます。

通れました。

 

でも、運転に自信のない方、

大きな車の方はやめておきましょう。

 

ガードレールありません、

すぐ脇は川なので、普通に落ちます(爆)。

笑い事ではありません。

 

その先、左側に↑の駐車スペース。

 

 

ここからは歩きます。

 

 

温泉が流れてくる小川?

真っ赤だ!

鉄色~~ヽ(^。^)ノ

ワクワクが増しますなぁ♪

 

 

ここから、最初に写真を撮った街道方面を撮ると・・。

 

 

民家さえもまばらな、長閑な集落。

この温泉はそんな集落に湧き、

地元の方々が大切に管理されている共同浴場的な温泉であります。

 

 

昔はビニールハウスも無く、ただお湯の湧く野天湯だったのだとか。

それがいつの頃からか、ビニールハウスで囲われ

男女湯に分かれた現在の立派な形になったのだそうな。

 

 

ただし、法的な温泉施設ではありませんので

入っても良いけど、何かあっても自己責任よ。

それをわかったうえで入浴してね!

という事が書かれております。

 

はい。

重々承知で有ります!!

地元の方々が、時間と手間をかけて

管理清掃してくださる源泉掛け流しの施設に

入浴させていただけるだけで、本当に有り難い!!

 

 

入口の『気持ちの箱』に二人分、

感謝の気持ちを投入させていただきました♪m(__)m

チャリーン♪

 

 

夏場はアブが凄いそうですが、この季節はもう安心。

右が男湯、左が女湯。

 

土足厳禁ですぞーー!ヽ(`Д´)ノ

 

 

よく読んでね。

 

 

脱衣所には、ちゃんと棚が置かれプラ篭が並びますよ。

棚の上には、殺虫剤!

これでアブと戦えと言う事ね?

ラジャー(''◇'')ゞ

 

 

さらに、浴室もビニールで覆われてバッチリ♪(^_^)v

 

 

では、いざ入湯~~♪(#^^#)

う~~ん、鉄の香り!!

 

 

わぁお♪

洗い場に流れ出る湯量が凄~い!!

 

 

勿体ないくらいの廃湯量。

床が真っ赤に染まってる(#^^#)。

 

析出物でできた棚田。

B級感が半端ないww。

これ、潔癖症の人はダメだろうなぁ(爆)。

 

 

掛け湯をして、ザッバーン♪

ちょっと熱め。

新鮮なお湯は透明だ。

サッパリとしたキレの良いお湯(#^^#)。

 

 

湯口からの投入量が凄い!!

シュワシュワサイダーみたいな炭酸♪

メッチャ泡立ってるよ(笑)。

 

 

腕もあっという間に泡がつく♪

って、もっとすごい画像はなかったのかww。

 

おじゃる☆たちと同じころに、

ここへの入口を探していた風の車が1台いたけれど

結局滞在中(2~30分?)だれも来なかった。

入口見つけられなかったのかな?

 

 

もっとゆっくりしたかったけれど

とにかく温まりが凄くって、あっという間に汗だく。

ゆっくり浸かってもいられない(;^_^A。

 

 

ハウスの外は、緑と青空。

なんとも平和な気持ちで

贅沢な湯あみをさせていただいた。

 

始めて八九郎温泉を知ったのはいつだっただろう?

昔から知っていた憧れの温泉に、次々巡り合えた今回の東北旅。

夢のように楽しい湯めぐりだったなぁ(#^^#)。

 

感謝!!m(__)m

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね