2018 北東北秘湯めぐり おんせん 其の九

 

其の一 序章はこちらから → 

其の二 豪華!マイ海鮮丼 → 

其の三 八幡平アスピーテラインを走る☆

其の四 藤七温泉・彩雲荘 ☆ 八幡平で絶景混浴露天風呂

其の五 藤七温泉 彩雲荘 ☆ お山のランチバイキング

其の六 八幡平・大深温泉 ☆ オンドル小屋体験

其の七 八幡平・大深温泉 ☆ 癒される木造湯小屋

其の八 蒸ノ湯温泉 ふけの湯 ☆ 宿泊記1

 

 

 

お部屋で一休みWハート

館内の画像(と言っても本館1階の長い廊下だけだけどww)

もだいたい撮れたのでカメラ、さっそく野天風呂へ!!どうぞ

 

野天風呂には三ヶ所のお風呂が点在していてね。

手前から、女湯、男湯、そしてメインの混浴。

 

すでに時間は4時半。

日帰りのお客さんは帰られたはずなので

宿泊客だけでのんびり。

 

のはずが(笑)。

だいたいみんな観光してきて4時前後にチェックイン?

 

満点の星空の下で贅沢に野天風呂を満喫!!

なんて考える所だけど(笑)、

野天風呂は、本館からちょっと歩く。トコトコ

 

500mくらいのものだけど、

この辺は熊さんの生息地体だからね(;^_^A。

暗くなったら街灯もないし、いろんな意味で危険!危険!!

 

なので、野天風呂は日没までと決まってるの。なく

この頃の日没は6時ごろ。

当然宿泊客の野天風呂入浴は4時から6時に集中する(爆)。

 

日暮れ前、野天風呂でお会いした宿泊客は3組。

 

おじゃる☆たちと入れ違いに上がって来られた、

年配女性3人のグループ。

 

おじゃる☆たちとほぼ同時に本館を出た男性のお一人さまは、

混浴露天風呂だけを目指してスタスタ。トコトコ

 

おじゃる☆たちは写真を撮りながらカメラ

女湯のれん・女に寄ったり、男湯に寄ったり(笑)。

 

あ、画像は翌朝撮ったものが多いよ。

なぜなら、夕方はどんより・・(爆)。

 

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッとな(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

野天風呂エリア入口からパチリカメラ

一番手前、盛大にモクモクしてるのが女湯かな。

 

 

坂をテクテク下る。トコトコ

 

 

女湯とはいっても、お洒落な露天風呂を想像してはいけない。

簡素な板塀で覆われているだけだww。

脱衣場も吹きさらしに棚板があるだけ。

ワイルドだねぇ~~ww。

 

 

女湯前から本館の赤い屋根が見える。

あ、旦那も見える(爆)。

 

 

岩場に小さめの湯舟。

白濁の硫黄泉が満たされている!爆笑

もちろん源泉掛け流し♪

 

むき出しの赤茶けた土、ゴロゴロ岩と緑、そしてススキ、噴出する蒸気!!

良いわぁ~~、大自然を満喫だわぁヽ(^。^)ノ。

 

 

ここは夕方は撮影だけにとどめて、翌朝入浴したの。

混浴風呂よりはぬるめでゆったり入れて良かった(笑)。

 

この日他に女性は、3人組さんだけだったので

常時貸切で利用させてもらえたしね(^_-)-☆

 

水蒸気がシューシュー音をたてながら噴出するのを間近で眺められて大迫力!

立ち上った湯気が、時々霧雨のよう降り注いでくるのも、なかなかできない体験よ(#^^#)。

カメラはちょっぴり危険にさらされるけどね(爆)。

 

 

館内の廊下に貼られてい野天風呂の成分表。

平成28年と比較的新しいものだった。

 

 

源泉名: 熊の湯

泉質: 単純硫黄温泉(硫化水素型)

泉温  86.2℃ (使用位置 41℃)

pH値 4.6

 

加温なし、加水あり(熱すぎるので)、循環・消毒なし

 

 

 

激しい硫黄臭がするのだろうが、

藤七温泉からずっと、鼻が慣れてしまってあまり感じていない(爆)。

浴感も目立ってスベスベでも、すごくキシキシでもなかったような?

浴感云々以前に、とにかくこのロケーションが最高なのだ!!爆笑Wハート

 

朝は日の出とともに、入浴可能。

日帰りは8時半からなので、これもまた宿泊者の特権である(笑)。

あ、おじゃる☆たちは朝食前に慌てて入りましたがねww。

 

 

女湯から30mほど下ったこちらが男湯。

真ん中より少々右下の板塀ねww。

 

 

ここは夕方の画像しかないので、どんよりで我慢してww。

 

 

打ち捨てられたような『男湯』の看板ww。

 

 

でも、こちらは女湯よりさらに岩場!!

さらにワイルド!!

旦那も朝はここに入ってた。

 

なるほど、藤七温泉とはまた違ったダイナミックさがある。

やはりこれは両方入って良かったわぁ(#^^#)。

 

 

すぐ脇に小さなダム(笑)。

 

 

男湯から、川を渡ってさらに200mほどか?

 

 

メッチャ白濁してる川ww。

温泉だ!!

 

 

 

ボコボコと湧き出す湯だまりを眺めながら歩く。

 

 

凄いね・・(;^_^A。

大分の坊主地獄を思い出すよ。

 

 

その先右側に、小さな小屋が二つ?

これは何だろう?

 

 

あ!!

オンドル小屋だヽ(^。^)ノ。

 

 

あまり温かそうな感じがしないけど・・(;^_^A。

使われているのかな?

オンドルは大深で本格体験してきたのでここではパスww。

 

 

そして、メインの混浴野天風呂!!キラキラ

男女別の脱衣所はありますが・・、

 

 

湯舟自体は通路から丸見えですから(爆)。

 

 

引きで見ると、本館が上にあり、

 

 

本館の女湯露天風呂から全体が良く見渡せます(爆)。

混浴とオンドル小屋。

男湯と女湯はこの右端、見切れてる方ww。

誰もいないからとあまり開放的になるのはご注意くださいww。

 

 

 

混浴女性脱衣所。

混浴とはいえ、バスタオル巻き、湯あみ着着用OK!!

 

おじゃる☆はマイ湯あみ着持参したけど

ない人は有料でレンタルもあるそうなの安心して入れる♪

初心者にも優しい、とてもハードルの低い混浴だよ(#^^#)。

 

 

大きな二つの湯舟。

源泉投入口に近い上が熱湯で、下の槽がぬる湯。

この日は上が44℃くらいで下が41℃くらいだったかな。

 

一緒に本館を出たお一人様男性が

おじゃる☆に遠慮したのか、先に上がって譲って下さった。

 

「存分に写真撮ってください。」って。

メッチャあちこち撮りながら歩いてたからね・・(;^_^A。

お気遣い申し訳ない!

ありがとうございます!

 

 

その後、お若い男性お二人さんがいらした。

これでこの日の宿泊客全員と会った(爆)。

 

夏の賑わいが終わり、秋の紅葉ピークシーズンまで

一番静かな時期のしかも平日(笑)。

のんびり湯あみを楽しむには良い季節でした。

 

 

二つの湯舟の横に、四つの樽風呂。

こちらは投入量が少ないので、

おじゃる☆含めぬる湯好きさんにお勧め!!

湯底に湯花が沈殿してドロドロするww。

 

さらに奥に岩風呂。

こちらは2017年に新設さらたばかりだという。

 

 

一段低くなっているので、メイン湯舟からの視線が気にならない。

混浴慣れしていない女性はここが居心地が良さそうだ。

 

それでなくても白濁の濁り湯なので、混浴でも気にならないしね。

ここまで来たら女湯だけでなく、ぜひ混浴にもね!!

 

さて、暗くなる前に部屋に戻ろう。

なんせ源泉名も熊の湯だ(;^_^A。

熊が傷を癒していて発見された?ww

 

熊さん怖い~~!(爆)

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね