飯坂温泉 ☆ 共同浴場・仙気の湯

テーマ:

昨夜、録画したまま放置していたドラマを久しぶりに観てみたの。

広瀬アリス主演の『探偵が早すぎる』。

 

幼いころに母を亡くした貧乏女子大学生が、

実は財閥の御曹司(?)だった

父の莫大な遺産を相続する事になり、

親族から命を狙われるっていう、

超ありきたりのドラマみたいな(だからドラマですww)

お話しなんだんけど、広瀬アリスがはっちゃけてて面白いww。

 

広瀬アリスって、おじゃる☆の中では『広瀬すずのお姉さん』。

妹が売れすぎちゃって可哀そう、なんて思っていたけど、

朝ドラ『わろてんか』の女芸人役といい、良い味出してるわ♪

 

妹に負けず劣らず綺麗だしね(#^^#)。

最近好き、広瀬アリス頑張れぇ~~ヽ(^。^)ノ。

 

あ、話がそれた(爆)。 

 

で、昨夜はその4話を観たの。

8月9日放送分。

遅っっっ!!!

1ヶ月前やん(;^_^A。

見ずに消せ!!

 

(⌒▽⌒)アハハ! 

まさにその通り!

おじゃる☆もチラッと冒頭だけ見て消しちゃおうかと思ったの!!

 

でも、今回は広瀬アリスがアルバイト先の

潰れかけた遊園地の窮地を救うってお話しで。

 

なんとその遊園地が!!

桐生市民の憩いの場、桐生が岡遊園地だったぁ~ヽ(^。^)ノ。

桐生市民の皆さん、見た?見た??

きっと観てないよねぇ・・。

深夜番組だし、視聴率悪そうだもん(爆)。

 

この遊園地、よくドラマや映画のロケに使われるのよww。

ホント、田舎の潰れかけた小さな遊園地って感じそのまんまだから(爆)。

入園料無料だし、乗り物の料金もお安くて、

ちびっ子のいるファミリーの強い味方!

春の桜の時期には、広い駐車場が満車になるくらい大人気なんだよ~♪

 

だからなんだって?

いやいやつい嬉しくて書いてみました(笑)。

そんだけぇ~~~(爆)。

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

ドラマは一ヶ月前だけど、温泉はいつのだ?

こちらはまだ2週間前くらいか?ww

 

次の温泉巡りに行っちゃうと、

きっとそのままお蔵入りなりそうなので

忘れないうちにUPしておこう!

 

 

飯坂共同浴場、二軒目。

 

一軒目は建て替えられたばかりで、お湯もぬるめ。

観光客も利用しやすい『②波来湯』だったわね(^_-)-☆

ほら、情緒たっぷりの木造三階建て!

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

木造?木造風?

・・たぶん、風だな(;^_^A。

エレベーターあったしww。

 

次は本物木造!

なにしろ激熱揃いの飯坂共同浴場九軒の中で

何とかおじゃる☆でも入浴できそうなのは

⑥仙気の湯と⑨導専の湯の二軒だけ。

 

 

でも、導専の湯はこの日定休日だったので

6番の仙気の湯のみを目指す!(笑)

導専の湯はまた次回ねぇ~(^_-)-☆

 

しっかし波来湯に置かれてたこのチラシ、

ホント役に立ったわぁww。

 

 

波来湯近くの観光用駐車場に車を停めて歩く。

4~500mかな?

 

新十綱橋を渡り、その先の大きな信号も渡って、

愛宕神社を左手にみながら最初の路地を右に折れるとすぐ左側。

 

なまこ壁の蔵造?

 

 

これまた古い建物好きの温泉巡らーにはたまらない(笑)立派な共同浴場!!

男湯と女湯の間に管理人さん在中。

番台風な造りですなww。

 

 

飯坂温泉 共同浴場 仙気の湯

https://iizaka.com/spa/

 

住所: 福島県福島市飯坂町湯野愛宕前35 

TEL: 024-542-5223

料金 200円

定休日 木曜日

営業時間 6:00~22:00

 

 

券売機で入浴券を購入。

内部は地元のおばちゃまたちに愛される

飾り気のない、共同浴場らしい造り(どんなや?ww)。

 

脱衣所は8畳ほどだったかな?

狭くなく広くもなく、ほどほどの大きさ(笑)。

一面に木製の脱衣棚。

 

目隠しの衝立が置かれているので

管理人さんのいる番台から女湯は見えず安心ww。

 

 

※浴場内撮影禁止ですが、無人になった際に許可を得て撮影。

喜んで浴室ばかり撮って、脱衣所は忘れた(爆)。

 

 

脱衣所で脱ぎ脱ぎしている時から、

ワクワクが止まらなかったの!!

 

素通しのガラス越しに浴室内が丸見え。

なに?あの素敵な湯口!?

 

 

 

ウサギ?

うさぎちゃんなのね?(爆) 

 

しかも、耳?

耳、手桶?(爆)

 

 

先客さんは、お婆ちゃまと外人さん。

どちらも地元の方らしい。

 

動物の湯口というと、大抵はライオンか龍?

たまにカエルもいるけれどww。

共同浴場でうさぎ?しかも可愛い~~ヽ(^。^)ノ。

これほど遊び心のある湯口も珍しい。

 

 

なぜに?

と思ったら、お婆ちゃまが教えてくれた。

福島市のPRキャラクターがうさぎなんだって。

雪解けの季節になると吾妻連峰に

雪うさぎの姿が浮かび上がるからなのだとか。

http://www.i-fukushima.jp/tokushu/archive/2015/19154/

 

 

ぐふふ、見ているだけで癒される~(#^^#)。

 

湯舟は二つ、手前が熱湯で、奥がぬる湯。

どちらもザンブラ源泉掛け流し!

奥のぬる湯のみ加水あり。

 

かすかに感じる温泉らしい香りは芒硝臭?

掛け湯をして奥のぬる湯にゆっくりと沈む。

 

 

42℃と書かれているけど、湯温計は44.8℃じゃんかよ!(爆)

 

 

でも、波来湯の45℃熱湯槽よりははるかに入りやすい。

たぶんあちらも実際にはもっと熱かったんだろうな(爆)。

 

 

おじゃる☆が熱湯槽に手を突っ込んで湯温を確かめていると、

ブラジル系と思われる地元民の外人さんが

「ハイル?アツイヨー!」と言って、水を出してくれた。

熱湯槽、47℃と表示されているが、湯温計は48℃(;^_^A。

 

ジャージャー!!

ありがたい!!

 

でも、ちょっとやそっと水でうめたくらいでは、

いつになっても入れそうにはないし、

あまりぬるくしては熱湯好きの地元の方に申し訳ないww。

潔く諦めようww。

 

「ダイジョウブー♪」と言って、自分で水を止めた(;^_^A。

外人さん相手だと、こちらも片言の日本語になるよねww。

 

ちなみに、お婆ちゃんも外人さんも

熱湯槽には手さえ付けていなかった(爆)。

 

加水のぬる湯槽だけでも

ツルツル感があり、パワーを感じる良いお湯だ。

正直、入浴客の絶えない波来湯より、

鮮度もこちらの方が数段上だろう。

 

 

源泉名:若竹分湯槽

泉質: 単純温泉

泉温 60.0℃   pH値 8.4

 

 

洗い場にシャワーはなく、蛇口が二組。

もちろん、ソープやシャンプーも無い。要持参。

地元の人たちは、風呂椅子も使わず、

持参のシートを敷いてドカッと床に座る。

 

 

温泉が生活に溶け込んだ湯の町。

地元の人と語らいながら、良い湯に浸かる。

やっぱり共同浴場巡りはやめられない(笑)。

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね