綿の湯さんは、客室数10部屋だけの小ぢんまりとしたお宿キラキラ

お子様は宿泊不可なので大人だけで静かに過ごせるenashika

http://watanoyu.net/

 

正面の本棟と、西の河原方向の西館、二つの建物。

1階は、フロント、ラウンジ、男女浴室おんせん

2階は、本棟にお食事処sei、西館が客室。

3階は客室と、足湯&図書コーナー本

4階はすべて客室。

 

西館のお部屋は2名定員。

本棟は3名定員なので、ちょっとだけ広め。あひるWハート

今回は本棟を予約したが

前日だったので、選択の余地はなかったというのが本当のところ(爆)。

 

チェックインの手続きを終えて客室へ。トコトコ

係の方に案内されてエレベーターで向かう。

お部屋は4階、エレベーターのすぐ前の“橙”。

 

 

鉄筋コンクリート造りのビル風な館内。

おじゃる☆の大好きな木造の趣とはまったく無縁の世界(爆)。

 

 

でもいいの、今回はそこにはこだわらないww。

橙の部屋だけ、入口前2段上る(笑)。

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

ガチャガチャガチャガチャ・・。

係の方、鍵開けるのにやけに苦戦中(爆)。

 

そんなに開けるのにコツがいるんじゃ、

おじゃる☆開けられる自信ないぞー(笑)。

 

と思ったら「あっ!!違う部屋の鍵持ってきちゃった!」って(爆)。

お茶目で可愛い~~~♪爆笑

それじゃ絶対開くはずないよww。

 

鍵を取り換えに行ったのを待っている間に、部屋の前のギャラリー撮っておくww。カメラ

 

 

階段、廊下、館内の至る所に活けられた生花花

優し心配りを感じるわぁ(#^^#)。

 

 

吹き抜けの階下を覗くと、

あ、足湯&図書コーナー♪

 

 

あとで行てみよう~~~っとヽ(^。^)ノ。

鍵が届いたので、無事室内へww。

いざ、いざぁ~♪

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

お部屋は畳三畳付きの洋室、24㎡。

24㎡というと、約7坪で14畳分・・。

これ、合ってる?滝汗(笑)

 

 

間仕切り無しのワンルーム、

小ぢんまりとした可愛い部屋だと思っていたけど、

14畳あるとなるとそんなに狭くもないじゃんね(笑)。

 

ちょっと珍しい造りで全景を撮るのが難しい(;^_^A。

セミダブルのベッドが2台、その横に3畳の畳と可愛い丸ちゃぶ台

 

 

窓が大き採光があり明るい♪

そして窓からの景観がまた素晴らしい!

 

さすが、草津ホテル別館

本館の草津ホテルの歴史ある建物と、溢れるほどの緑を存分に愉しめる造りとなっている。

ほら、TV見ながらゴロゴロし、横を見るとこの風景!!

 

 

凄くない?バンザイ(笑)

草津ホテル、おじゃる☆たちが泊まったあとに、大雨で裏山が崩れて現在も修復工事中工事中

二つの建物の間にちょっとだけ茶色の山肌が見えているのわかる?目。

建物と同じグレーの覆いがかかってるので全然目立たないね。

 

窓側から逆アングルでもパチリカメラ
 

 

TVの横には加湿器も完備。

ミニ床の間(?)には可憐なお花花

 

 

なんだろう?

広くはないけど、おじゃる☆にはジャストサイズ(笑)。

 

と~~っても居心地が良くて落ち着くお部屋なの。

三畳の畳と言うのは、ちょっとゴロゴロするのにちょうど良い。

さらに本格的にゴロゴロしたくなったらすぐベッドに移動できる(爆)。

 

 

ゴロゴロゴロゴロパンダ睡眠

温泉おんせんに来たらゴロゴロばっかり。

 

ゴロゴロ万歳ヽ(^。^)ノ

 

三畳からベッド&入口方向もパチリカメラ

白いクローゼットの中は下段に金庫、上段にもろもろ。

 

 

左側に浴衣、半纏。

6月だというのに踝丈の丹前も用意されていた!

まぁ、幸い使う事はなかったけどねww。

 

 

梅雨に入った草津は寒いくらい。

泊まった二日間は特に、最低気温は11℃。

真冬並みじゃん!(笑)

でも室内は(冷房ではなく)暖房が効いてホカホカ暖か、心地いい♪


浴衣も厚地で質の良いものだ。
 


無地の背中に「綿の湯」の刺しゅう入り!

いやぁ~ん!素敵♪seiWハート

こんなお洒落な浴衣、初めてだわ♪
 

 

湯めぐり篭の中にこれまた刺しゅうの名入りタオル!

本館の草津ホテルと同じ、若草色の「綿の湯」の文字、嬉しい~~!ヽ(^。^)ノ

浴衣着て篭持って、共同浴場おんせんや湯畑に出かけたよ。トコトコ

ちなみに巻かれたタオルの中には歯ブラシ入り♪

 

もちろん足袋もあり。

ここまで完璧、だからこそあえて言うなら

バスタオルが小さめ薄目なのが少々残念なのだなく

 

 

鍵は一つ。

 

 

ベッドのサイドテーブル。

 

 

入り口わきのコーナーに冷蔵庫とお茶セット茶

珈琲、ウーロン茶などはコーヒー

ラウンジとライブラリーのエスプレッソマシーンでいつでもいただける。

 

 

最後に、洗面台とトイレは入口の正面に。

部屋にアメニティーは何もなし。

ドライヤーもスキンケア類もなく、タオルに巻かれた歯ブラシだけ(笑)。

 

ただしそれらは浴室には備え付けられている。

無駄を省いてコストダウンしていると思えばそれも納得ポイント

 

 

清潔で使い勝手の良いトイレ。

ドアが内開きで、スリッパが邪魔になるのが唯一の欠点かなww。

 

 

予約はじゃらん、肝心の宿泊費はSkype

一泊二日 朝夕二食付き 2名利用時 @14,000円(税別)

期間限定の草津クーポン2000円キラキラがゲットできたのと、

ポイント900円があったので、二人で税サ込み27,340円

この料金なら大満足!リピ決定~~!(^_-)-☆

 

 

さて、では早速貴重な“綿の湯源泉”にあいに行こうかぁ~♪

 

 

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね